ヤマムギ

growing hard days.

*

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

   


CloudWatchエージェント

EC2の標準メトリクスでは収集できないメモリの情報などをカスタムメトリクスとして収集し、アプリケーションログをCloudWatch Logsへの収集をまとめて行ってくれるCloudWatchエージェントをインストールしました。

CloudWatch エージェントにより収集されるメトリクス

IAMロールの作成

EC2がCloudWatchにメトリクスやログを書き込めるようにすることももちろんですが、SSMからインストールするのでSSMに対しての権限も必要です。

公式の手順Amazon EC2 Linux インスタンスに SSM エージェント を手動でインストールするにそって進めてみます。

IAMロールを新規作成して、AmazonEC2RoleforSSMポリシーをアタッチしました。

AmazonEC2RoleforSSMポリシー

AmazonEC2RoleforSSMポリシーを見てみました。

SSM、CloudWatchLogs、メトリクス、だけでなく、S3に対しての権限も有効になっています。

EC2にSSMエージェントをインストール

インストールが終わってamazon-ssm-agentのステータスを見てみるとすでに起動しています。
自動起動も出来ているらしい。

CloudWatchAgentのインストール

EC2用に作成したIAMロールにCloudWatchAgentAdminPolicyをアタッチします。

CloudWatchAgentAdminPolicy

CloudWatchAgentAdminPolicyポリシーを見てみました。

AmazonEC2RoleforSSMポリシーと内容がかぶってるステートメントもあります。
ですが、”ec2:DescribeTags”と”ssm:GetParameter” , “ssm:PutParameter”はない(GetPrametersはある)のでアタッチします。

必要なものだけインラインポリシーにするのも一つの方法ですが、ポリシーがまるごといらないときにデタッチしやすいのでCloudWatchAgentAdminPolicyポリシーを使います。

CloudWatchエージェントのインストール

Systems Manager Servicesの[コマンドの実行]からコマンドを実行します。

AWS-ConfigureAWSPackageを選択します。

  • 対象のEC2インスタンスを選択
  • Action: insatll
  • Name: AmazonCludWatchAgent
  • Version: latest

にしました。

成功しました。

CloudWatchエージェントの設定

EC2にSSHでログインして設定します。

amazon-cloudwatch-agent-config-wizardを実行しました。

Amazon Linux 2 なのでlinuxを選択しました。

EC2を選択しました。

メトリクスの収集をします。

CPUメトリクスも追加します。

追加可能な情報をメトリクスに追加します。

収集間隔を10秒ごとにしました。

より多くの情報を収集してみたかったのでタイプはアドバンスドにしました。

設定ファイルの内容が表示されたので、yesを選択しました。

すでにインストールしているCloudWatxh Logsエージェントがあるか聞かれたので、noを選択しました。
既存のCloudWatxh Logsエージェントがある場合はここでyesを選択することで設定をインポート出来るようです。

ログ収集するかを聞かれるのでyesを選択しました。

ここから先は1ファイルづつ対象を設定していきます。

ログ設定の内容が表示されましたので、yesを選択しました。

SSM パラメータストアに登録する名前は、デフォルトのAmazonCloudWatch-linuxにしました。

リージョンを選択します。
今回はバージニア北部です。

SSMパラメータストアに設定を書き込む認証をどれにするかを聞かれます。
IAMロールを設定することによって、EC2に設定されているアクセスキーを使用します。

成功しました。

ちなみに前述のポリシーでPutParameterがないと、「Error in putting config to parameter store AmazonCloudWatch-linux: AccessDeniedException: 」になります。

CloudWatch Logsエージェントの起動

Systems Managerのコマンド実行から起動します。
amazonCloudWatch-ManageAgentを選択します。

  • 対象のインスタンスを選択
  • Action: Configure
  • Mode: ec2
  • Option Configuration Source: ssm
  • Option Configuration Location: AmazonCloudWatch-linux(パラメータストアに登録した名前)
  • Optional Restart: yes

で実行しました。

結果は成功しました。

結果を確認

このあと、対象のEC2からAMIを作成して起動設定を作成して、AutoScalingで起動してます。

カスタムメトリクスにCWAgentがあります。

ちゃんととれてます。

ログもちゃんととれてます。

一つのAgentでカスタムメトリクスもログも収集できるので便利でした。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWSアカウント内のLambda関数を削除するLambda(Python)

やりたいこと 特定のAWSアカウントの特定リージョンのAWS Lambda関数を …

AWS LambdaのSQSへの自前ポーリングをやめてSQSイベントソーストリガーに変更した

以前は、LambdaがSQSからメッセージを受信するには、キューをポーリングして …

Microsoft TeamsのIncoming Webhooksを使ってAWS Lambda(Python)からFeedlyの記事を自動投稿する

Microsoft Teamsの検証を始めましたので、Slackで自動化している …

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

Pandocサーバーのコンテナイメージを作成する

マークダウンからEPUBへの変換をAWS Batchで行いたく、ECRにアップロ …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

API GatewayのアクセスログをCloudWatchに記録する

Amazon API GatewayのアクセスログをCloudWatchに記録で …

よくあるサーバーレスアーキテクチャで質問フォーム

この記事はServerless2 Advent Calendar 2018に参加 …

RDSの証明書をrds-ca-2019に更新しました

クライアント接続で署名書使ってないので、必要ないのですが、古いままなのも気持ち悪 …

API GatewayをトリガーにしたときのLambdaリソースベースポリシー

先日、SwaggerからAPI Gatewayを作ったときに、API Gatew …