ヤマムギ

growing hard days.

*

ECR(Amazon Elastic Container Registry)にコンテナイメージをアップロードする

      2019/05/02


「Pandocサーバーのコンテナイメージを作成する」で作成したイメージをAWS Batchで使いたいので、ECR(Amazon Elastic Container Registry)にアップロードします。


最終的にはマークダウンからEPUB3への変換をAWS Batchで自動化したいと思います。

ECRリポジトリの作成

[Amazon Container Services]にアクセスして、[Amazon ECR]を選択します。
[リポジトリの作成]ボタンをクリックしました。

リポジトリの名前を入力して作成しました。

リポジトリが出来ました。

ECRリポジトリにイメージをプッシュ

リポジトリ名をクリックして、[プッシュコマンドの表示]をクリックすると、このリポジトリにイメージをプッシュするためのコマンドが表示されます。
ここからはAWS CLIでこのコマンドを実行します。

CLIコマンドを実行するユーザーのIAMポリシーは、最小権限になるようにしてみました。
このポリシーは最終的にこうなったポリシーです。
最初はecr:PutImageとecr:GetAuthorizationTokenだけで開始して、エラーメッセージごとに追加していきました。

イメージはすでに作成済ですので、docker buildはスキップしてます。

エラーが発生しました。
「error parsing HTTP 403 response body: unexpected end of JSON input: “”」

ここまでも権限不足が発生するごとに
「denied: User: arn:aws:iam::123456789012:user/ecr is not authorized to perform: ecr:InitiateLayerUpload on resource: arn:aws:ecr:us-east-1:123456789012:repository/pandoc」というようなメッセージが表示されていたので、該当のポリシーをリソース限定で追加していました。
ですが、今回のメッセージは権限不足なのかどうかよくわかりませんでした。

このメッセージそのもので検索していくつかの検索結果を見ますと、「”ecr:BatchCheckLayerAvailability”」を追加しよう、ということだったので追加しました。

アップロードできました!
次はAWS Batchで使ってみます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

kintone webhookからAWS API Gateway – Lambdaを実行しレコードの値を渡す

2017年2月のアップデートでkintoneにWebhook機能がリリースされま …

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもできるようになってました

RDSスナップショットをS3にエクスポートする新機能を試そうかと思ったのときは、 …

ハンズオン目的アカウントに設定しているSCPポリシー

AWS Organizationsでハンズオン目的のアカウントに設定しているSC …

S3に置いたMP3ファイルをTwilioから電話再生する(AWS Lambda Python)

Google Calendar Twilio ReminderのTwilioを使 …

AWS VPC ネットワークACLでHTTP(80)のみ許可する

ユーザーガイドのカスタムネットワーク ACLのうち、HTTP(80)を許可する設 …

Backlogの課題チケット更新内容をMicrosoft Teamsに通知する(AWS Lambda Python)

BacklogにSlack連携が追加されました。 ですが、私の所属している会社で …

AWS Savings Plansを検討しました

今、個人でAWSアカウントを7つ使っています。 Savings Plansが使え …

slackのbotに天気を教えてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotにAPIの定番ともいえる天気情報を教えてもらいました。 環境は …

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …

RDS for MySQL のインスタンスタイプ変更

当ブログのデータベースは、RDS for MySQLです。 個人利用ですし、障害 …