ヤマムギ

growing hard days.

*

[事前準備] JAWS-UG 関西IoT専門支部「マクニカkibo + AWS IoTハンズオン」

      2015/12/18


来る12/19(土)の JAWS-UG 関西IoT専門支部第一回勉強会「マクニカkibo + AWS IoTハンズオン」の事前準備の記録です。

一部 13:00-15:00の回
二部 16:00-18:00の回

今回はOSはWindowsのみらしいので、Windows上に導入します。
(ドキュメントを見るとLinuxでも行けたふう。
Linuxにすれば良かったかなとも思いながらもはまった時の孤独感を鑑みてWindowsにしました。)

ご注意事項

当初、TI-RTOS SDKを「2.14.01.20」と記載しておりましたが、
当日のハンズオンでは「2.14.03.28」を使用します。

つきましては「2.14.03.28」をご使用くださいますようお願いいたします。
以降の手順も2015/12/18に修正しております。

環境

私の環境は以下です。

  • OS : Windows 10 Home Edition
  • 筐体 : acer Aspire E3-111-A14 D/S

やること

以下の5件をインストールします。

では、それぞれのインストール記録です。

CCSのダウンロードとインストール

CCSのダウンロード

Code_Composer_Studio_Version_6_Downloadsで、「Off-line Installers」のWindowsを選択します。

Download_CCS_-_Texas_Instruments_Wiki

ダウンロードにはTEXAS INSTRUMENTSのアカウントが必要です。
持ってない人がほとんどかと思いますのでNew Userから登録します。

登録後、ログインしてダウンロードを続行します。
730MBぐらいあるのでそこそこ時間がかかります。

ダウンロードが終われば解凍してインストールを開始します。

CCSのインストール

ccs-1

「I accept the terms of the license agreement」を選択して[Next >]をクリックします。

ccs-2

「C:¥ti」が選ばれているのでそのまま[Next >]をクリックします。

ccs-3

以下の2点を選択して[Next >]をクリックします。

  • CC32xx Device Support
  • TI ARM Compiler

ccs-4

そのまま[Next >]をクリックします。

ccs-5

そのまま[Next >]をクリックします。

ccs-6

インストールが始まります。

ccs-7

[Finish]をクリックしてインストール完了です。

CC3200のダウンロードとインストール

CC3200のダウンロード

http://www.ti.com/tool/cc3200sdkでダウンロードをします。

cc3200-1

CC3200SDKの[Get Software]をクリックして次の画面で必要事項を入力してダウンロードを開始します。

CC3200のインストール

ダウンロードが完了したらインストールを開始します。

cc3200-2

[Next >]をクリックします。

cc3200-3

「I accept the terms of the license agreement」を選択して[Next >]をクリックします。

cc3200-4

「C:¥ti¥CC3200SDK_1.1.0」が選ばれているのでそのまま[Next >]をクリックします。

cc3200-5

[Next >]をクリックします。

cc3200-6

インストールが開始します。

cc3200-7

[はい]をクリックします。

cc3200-8

インストールが終われば[Next >]をクリックします。

cc3200-9

[Finish]をクリックしてインストール完了です。

TI-RTOSのダウンロードとインストール

TI-RTOSのダウンロード

http://downloads.ti.com/dsps/dsps_public_sw/sdo_sb/targetcontent/tirtos/index.htmlでダウンロードをします。

ti-rtos-1

2.14.03.28のWindowsのリンクをクリックします。

ダウンロードが完了すればインストールを開始します。

TI-RTOSのインストール

rt-1

[Next >]をクリックします。

rt-2

「I accept the terms of the license agreement」を選択して[Next >]をクリックします。

rt-3

「C:¥ti」が選ばれているのでそのまま[Next >]をクリックします。

rt-4

[Next >]をクリックします。

rt-5

インストールが開始されます。
完了すれば[Next >]をクリックします。

rt-6

[Finish]をクリックしてインストール完了です。

NS packageのダウンロードとインストール

NS packageのダウンロード

ns_1_10_00_00_eng.zipをダウンロードします。

NS packageのインストール

ns_1_10_00_00_eng.zipを展開してC:¥tiフォルダへ移動します。

AWS SDKのダウンロードとインストール

AWS SDKのダウンロード

master.gzをダウンロードします。

AWS SDKのインストール

master.gzを展開してC:¥tiフォルダへ移動します。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS, IoT , , ,

ad

ad

  関連記事

Amazon Elasticsearch ServiceにMySQLのデータを投入してkibanaで可視化してみる

MySQLのデータの可視化にAmazon Elasticsearch Servi …

CUSTOMINEを使ってkintoneからAWS Lambdaを実行する(Cognito認証付き)

先日の記事「kintoneのカスタマイズ開発を超速にするCUSTOMINE」で書 …

AWS 認定クラウドプラクティショナーのサンプル問題

AWS認定クラウドプラクティショナのサンプル問題2018年9月25日現在で、英語 …

kintoneに登録されたアカウントの電話番号にGoogleカレンダーの予定をAmazon Pollyが読み上げてTwilioから電話でお知らせする(AWS Lambda Python)

Google Calendar Twilio Reminder Googleカレ …

AWS EC2でAMI(Amazon Machine Image)を作成しておく

前回まででひとまずRedmineを構築するところまで出来たので、念のためスナップ …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Ras …

MySQL WorkbenchからRDSに接続する

MySQL WorkbenchからAWS RDSのMySQLに接続するために、「 …

AWS Summit 2017 Tokyo Day2 開場~基調講演

昨年に引き続き今年もAWS Summit Tokyoへ行ってきました。 朝一の新 …

Raspberry Pi + USBカメラで監視カメラ

監視カメラデモのプロトタイプをやってみました。 ちなみにRaspberry Pi …