ヤマムギ

growing hard days

*

SendGrid(sendgrid_python)でメール送信してイベントの情報からメール本文をたどれるようにしておく

   


動的に生成するメールで実際にどんな本文が送信されたかを記録しておきたいときもあるかと思います。(多分)

CustomArgで任意の情報を追加出来ました。
※本文をそのまま追加するのではなく本文を送信元でデータベースなどで情報として保持しておいてそこに振ったIDをCustomArgに入れることで実現出来ます。
この例では ‘Hello’ をbody_id 1としています。

あとCategoryでキャンペーン名とか追加しておくと集計に便利です。

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算8年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

 - Python ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

SendGrid(Python)で添付ファイル付きのメールを送信する

SendGridを使って添付ファイル付きのメールを送信するサンプルをPython …

Linux Mint 17 MATE 64bit にTensorFlowをインストールする

勉強会でTensorFlowを使用しますので、Linux Mint 17 MAT …

pyenv update で「pyenv: no such command `update’ 」

環境 macOS Sierra 10.12.4 pyenvのアップデート pye …

SQLAlchemyのModelクラスをMySQLから自動生成する

SQLAlchemyのMySQLモデルを書くのが面倒で、きっと何かツールがあるの …

pythonのsqlalchemyで嵌った話

エラーメッセージ InvalidRequestError: SQL expres …

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました。 所感など Ato …

SQLAlchemyでシンプルにjoinする

過去のSQLAlchemyでjoinするという記事でPythonのSQLAlch …

個人のGoogleカレンダーの予定をPythonで取得する

Google Calendar Twilio ReminderのGoogleカレ …

IPython Notebookで梅田のラーメン屋さんの統計情報を抽出するというハンズオンに行ってきました

IPython Notebookで梅田のラーメン屋さんの情報をWebスクレイピン …

SQLAlchemyでjoinする

PythonのSQLAlchemyでMySQLのテーブルをjoinするときの覚書 …