ヤマムギ

growing hard days.

*

T2.microからT3.nanoに変更(メモリエラーも対応)

   


このブログのEC2インスタンスをT2.micro 1インスタンスからT3.nano 2インスタンスに変更します。
1ヶ月ほど様子を見て問題なければリザーブドインスタンスT3.micro 1インスタンス分で購入する予定です。

理由

1インスタンスで十分なのですが、このブログの環境は検証も兼ねているので、Well-Architectedな設計にしようと。
先日のAZ障害もあったことですし。
そしてメモリも余裕っぽいのでnanoにしてみます。

T2からT3への移行

山ほどブログ記事がありますが、せっかくなので書き残します。

まず現行のEC2の最新AMIを作成。

VPCは東京リージョンで3AZ構成でパブリックサブネットとプライベートサブネットで作成
AMIを元にEC2インスタンスをt2.nanoでパブリックサブネットでパブリックIPを有効にして起動。
セキュリティグループはひとまず80のみ。
IAMロールは本番と同じCloudWatchLogs、メトリクス、SystemsManager関連のポリシーがアタッチされているものを使用。
T2/T3 Unlimitedは有効。

このAMIにはSystemsManagerエージェントがインストール済なので、セッションマネージャからターミナル操作。

enaモジュールはインストール済でした。
せっかくなので、yum updateしておこうと思ったらMemoryErrorになりました。
T2.nanoで設定をすすめるのは無理がありますか。
一回、停止して、T2.microに変更。

はい。うまく行きました。
ユーザーデータにyum update 書こうと思ってたのですが、nanoだと無理そうですね。
定期的にゴールデンイメージなAMIを作ることにして、いったんあきらめようかと思ったら、仮想メモリを増やして対応しておられた方が。
こちらを参考にやってみました。

yum update で [Errno 5] [Errno 12] Cannot allocate memory

まずnanoに戻してエラーが出るとこから確認しようと思ったら、Updateしちゃったんでエラーが出なくなっちゃいました。
仕方ないので、AMIから起動してやり直します。

yum updateでMemoryErrorを確認。よし。

エラーなくyum updateがComplete!
これでユーザーデータにyum update -y がかける。
一応、 cloud-init-output.log ログもCloudWatch Logsに出力してメトリクスフィルタで”MemoryError”を検知するようにしておきましょう。

次のENAサポートを有効化にするコマンドはCLIで実行します。

インスタンスをT3.nanoに変更して起動しました。

セッションマネージャからアクセスするとエラー???

「セッションは次の理由で終了しました。document process failed unexpectedly: document worker timed out , check [ssm-document-worker]/[ssm-session-worker] log for crash reason」

なので、SSMのログを確認。

2019-08-31 15:19:48 ERROR [ssm-session-worker] [yamashita-0bd7790b0f2e840bc] [DataBackend] [pluginName=Standard_Stream] getInteger failed: Offset is invalid.

わからないけど、SSMエージェントが古いのでアップデートしましたら治りました。
SSMエージェントをアップデートするときに仮想メモリを増やしたのでメモリが足りなかったのかもしれませんが。
それでもSSMエージェントは最新のものを使いましょう。
ちなみにアップデートはSystemsManagerランコマンドからAWS-UpdateSSMAgentを実行しました。
(nanoだとメモリ不足で失敗するので、仮想メモリを増やしてから実行)

セッションマネージャから無事ターミナルでENAが使用されていることを確認。

ここまでやってみてなんなのですが、そういえばこのEC2 Amazon Linuxでした。
きれいなAmazon Linux2でブログのWordPressを作り直すことにします。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

テキストをAmazon PollyでMP3に変換してS3に格納(AWS Lambda Python)

Google Calendar Twilio ReminderのテキストをAma …

AWS BatchでPandocコンテナイメージを実行する

「ECR(Amazon Elastic Container Registry)に …

「re:CAP ~サーバーワークス re:Invent 2018 報告会~」でre:Invent2018について思われたことを聞かせていただいた

サーバーワークスさんのre:Invent re:CAPにおじゃましました。 re …

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …

AWS Data Pipelineを使ってDynamoDBのアイテムを全件S3バケットに書き出した

ちょっと試してみたくてやってみました。 手順はこちらのチュートリアルを参考にすす …

AWS Systems Manager AutomationでEC2の自動停止

Systems Manager Automationがない時代に、Lambdaを …

RDS + VPC + Lambda + API Gateway + CloudFront + WAF + ACMでAPIを構築する

RDSのMySQLの情報を与えられたリクエストをキーにしてjsonで返すAPIを …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …