ヤマムギ

growing hard days

*

「Talend ハンズオンセミナー」に行ってきました

      2016/09/18


Talendとは

  • データの整備・統合
  • ビッグデータ対応
  • ストリーミングデータ
  • アプリケーション連携
  • OSS(無償)のTalend Open Studio
  • Enterprise(500万前後)のData Integration/Big Data(Map Reduce & Spark)
  • IoTセンサーデータをストリーミングに流してSparkで受けてリアルタイムに分析する場合はTalend Real-time Big Data Platoform

Talend Open Studio(TOS)と商用版の違い

  • TOSはクライアントスタンドアロンでjarを作るまで(jarの実行はlambdaでいいのでは?)
  • 商用版は共有リポジトリ、運用開始サーバ、JOB実行サーバ、Talend Studioとの自動同期が可能

商用版のメリット

開発支援に関わる機能拡張

利便性の向上

  • データプレビュー
    やり取りされるデータをStudio内でプレビュー出来る
  • Dynamic Schema
    データ型を主導設定しなくても自動設定してくれる

コンポーネント追加と拡張/処理の高速化

  • SAP,Paralleize,パーティションパラレル,tMapのパラレルルックアップは商用版のみ
    本気でBig Dataの扱いが必要になり並列処理が必要にならない限りは不要

Job Script API

  • Source(JobScript) -> GUIが可能
    TOSではGUI -> Source(Java)のみ

Change Data Capture

  • ソースDB内の変更差分を取得してターゲットDBへ反映可能

ディスタントラン

  • サーバーでテストランが可能(TOSはクライアント)

Map/Reduceジョブの開発

  • BigDataのみ

Streaming Jobの開発

チーム開発生産性の向上

ジョブレット

  • 業務ロジックの共有

共有リポジトリ

  • SVNを使用したチーム開発(Gitも可)

プロジェクト管理

  • Jobの塊をプロジェクトとする
  • プロジェクトを跨いでJobを利用する事が可能

自動文書化

  • TOSでは手動で文書化が可能

影響分析,データ来歴分析

  • 変更を加える際に影響発生箇所を特定
  • 特定して分析した結果は自動文書化

運用管理に関わる機能

  • ユーザ管理
  • ジョブコンダクター(ジョブスケジューリング)
  • インターバル実行、カレンダー実行、イベント実行
  • 実行プラン(タスク連携、実行制御)
  • サーバ監視
  • ロードバランシング,フェイルオーバー
  • 運用履歴分析(運用状態の可視化)
  • エラーリカバリ
  • コマンドオペレーション

ハンズオン

tRowGenerator

  • Sequence identifier : “s1”
  • コード – ルーチン – systemにファンクションが定義されている

メタデータ

  • 各Jobが共通して参照出来る
  • メンテンスが楽
  • 推定では先頭の50行を読み込んで各パラメータを提案

tMap

  • デフォルトはLeft Outer Join
@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算8年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

 - study ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/1

本日は繰り返し処理。 配列や演算でひっかけてくる問題に苦戦。 繰り返しだけに頭を …

「大阪Pythonユーザの集まり」に行ってきました

「大阪Pythonユーザの集まり」 に行ってきました。 あんまりメモ取れてません …

「kintone カスタマイズハンズオン」に行ってきました

ハンズオン中のメモです Rest API ログイン認証だとトークン認証で出来ない …

DevLOVE関西 現場甲子園2015 「西日本大会」に行ってきました

DevLOVE関西 現場甲子園2015 「西日本大会」に行ってきました。 全部で …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

作る部分 Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。 …

Agile Japan 2015 大阪サテライト「アジャイル開発への架け橋」に行ってきました

Agile Japan 2015 大阪サテライトに行ってきました。 具体的な目的 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

作る部分 Step Functionsでこれまで作ったLambdaの実行制御をし …

「IoTの法律勉強会 第1回」に行ってきました

「IoTの法律勉強会 第1回」に行ってきました。 「関西のIoTを盛り上げよう」 …

Manabees Drone Experience at.OSAKA VOL.5(ドローン飛行イベント)に行ってきました

ドローン飛行イベントなるものがDoorkeeperに出てたので行ってきました。 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (6) Twilioからの電話受付と登録処理

作るところ 電話がかかってきてTwilioで受け付けてStepFunctions …