ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon VPCにオンプレミス検証環境想定プライベートDNSサーバー(BIND)をEC2で起動する

      2021/10/28


オンプレミス想定の検証で使うために、Amazon VPCにプライベート向けDNSサーバーをBINDで起動しました。

【BIND】権威DNSサーバの構築
こちらを参考にしました。

環境はAmazon Linux2です。
セキュリティグループはTCP, UDPの53番ポートをVPCのCIDRに許可しています。

BINDのインストール

sudo suでrootユーザーでコマンドを実行しました。

BINDをインストールしました。

/etc/named.conf

デフォルトのnamed.confで変更したのは以下2行とzone追加しました。
192.168.0.70はEC2インスタンスのプライベートIPアドレスです。

/etc/bind.yamamugi.com.zone

BINDの起動

DHCPオプションセットの設定

VPCコンソールでDHCPオプションセットを作成しました。

対象のVPCでDHCPオプションセットを作成したものに変更しました。

確認

確認用EC2インスタンスで確認

確認用EC2インスタンスはDHCPオプションセット変更前に起動していたEC2インスタンスで、AmazonProvidedDNSのネームサーバーがresolv.confに設定されています。

即時反映させたいので、ネットワークサービスを再起動しました。
無事DHCPオプションで設定したとおり、bindサーバーを向いてくれました。

digコマンドで確認したら、無事名前解決できていました。
よかったよかった。

2021/10/27 追記

オンプレミス想定の環境として、ハイブリッド構成を検証する目的で構築しています。
本番環境として永続的な利用を想定しているものではありませんので、セキュリティを意識した構成ではありません。
作業量や設定を最小限にしています。

「権威サーバーとキャッシュサーバーを兼用するとセキュリティリスクがある」などのご指摘もいただけましたので追記いたしました。
ご指摘ありがとうございます。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

クロスリージョンでEFSをマウントしてみる

ニーズがあるかどうかはさておき、クロスリージョンでのEFSファイルシステムをマウ …

AWS Snowファミリーのジョブ作成画面を確認

使わないのですが、画面を見ておきたかったので確認しました。 Snowファミリージ …

CloudFrontのカスタムヘッダーがなければALBのルーティングで503レスポンスを返す

大阪リージョンにはWAFがまだないです(2021年4月現在) 今のこのブログの構 …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

オンプレミスに見立てたオハイオリージョンにVyOSインスタンスを起動して東京リージョンからVPN接続

AWSクイックスタートのActive Directory Domain Serv …

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

CloudWatchエージェント EC2の標準メトリクスでは収集できないメモリの …

Windows EC2インスタンスでEBSとインスタンスストアを使用する

Amazon EBS基本のデモ(「AWS認定試験テキスト AWS認定 クラウドプ …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

Projectタグを強制するSCPでアクションやリソースを限定しないとき成り立つのか

ふと疑問に思ったので試しました。 予想は、拒否されてしまう、です。 [crayo …

Rocket.ChatにAWS Lambda(Python)から投稿する

Rocket.ChatにAPIで投稿するテスト(Postman)をやってみて、使 …