ヤマムギ

growing hard days.

*

AD Connectorを作成してシームレスにドメイン参加する

      2021/07/04


VPN接続先のADで管理されているドメインにEC2 Windowsインスタンスから参加するで試したようにVPN接続先のADで管理しているドメインに参加できました。

では、AD Connectorを使うメリットは何かとユーザーガイドを見てみると、「Amazon WorkSpaces、Amazon WorkDocs、Amazon WorkMail、シームレスなドメイン参加」ができるとのことです。

同じ環境を利用して、AD Connectorを作成して、シームレスなドメイン参加を試してみます。

AD ConnectorがないVPCでの確認

EC2起動ウィザードでドメイン結合ディレクトリに何もない状態です。

AD Connector の使用開始を参照して作業を進めました

ADにConnectorsグループを作成

ドメインにConnectorsグループを作成しました。

[Action]-[Delegate Control]を選択してDelegation of Control Wizardを起動しました。

AddボタンからConnectorsグループを選択しました。

Create a custom task to delegateを選択しました。

Only the following objects in the folderでComputer objectsとUser objectsを選択して、Create selected objects in this folderとDelete selected objects in this folderを選択しました。

GeneralとProperty-specificが選択された状態で、Readを選択しました。
ウィザードは終了しました。

ドメインにユーザーを作成しました。

作成したユーザーをConnectorsに追加しました。

AD Connectors向けのネットワークテスト

DirectoryServicePortTest を東京リージョンVPCのWindowsインスタンスでダウンロードして展開しました。

このWindowsインスタンスはドメインメンバーの必要があるとのことなので、VPN接続先のADで管理されているドメインにEC2 Windowsインスタンスから参加するで作成、ドメイン参加したWindowsインスタンスを使用しました。

Windowsインスタンスのローカルに保存してテストしたところ、機能レベルはUnknownになりましたが、ポートは問題ありませんでした。

ひとまずこのまま進めてみて、問題があれば機能レベルを調査することにします。

AD Connectorの作成

該当のVPCがある東京リージョンのDirectory Serviceで、[ディレクトリのセットアップ]を押下しました。

[AD Connector]を選択しました。

ちょっと試したいだけでしたので、Smallを選択しました。

ネットワーキングは該当VPCとAZが異なる2つのサブネットを選択しました。

ドメイン名、DNSサーバーのプライベートIPアドレス、AD Connector用に作成したユーザー、パスワードを設定しました。

作成中からアクティブになりました。
指定したサブネットにENIが、VPCにはセキュリティグループが作成されていました。

EC2 Windowsインスタンスをシームレスにドメイン参加

EC2起動ウィザードに結合ディレクトリが表示されるようになりましたので選択しました。

IAMロールには以下のロールが必要なので用意しました。
* AmazonSSMManagedInstanceCore
* AmazonSSMDirectoryServiceAccess

起動したWindowsインスタンスはドメイン参加済でした。

既存のActive Directoryをそのまま利用できるので便利ですね。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS BackupでRDSスナップショットをクロスリージョンコピー

クロスリージョンでコピーしたい対象と理由 このブログはブログのアーキテクチャをコ …

Developers Summit 2018 「AWSのフルマネージドな環境でCI/CDをやってみよう!AWS Cloud9からAWS Fargateへの継続的デプロイをご紹介」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echoです。 以下は、思ったことや気になったことを …

ParquetフォーマットのデータにS3 Select SQLを実行する

RDSスナップショットのS3エクスポート結果確認で出力したデータが、S3にPar …

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

AWS LambdaでChrome HeadlessドライバをAWS Lambda Layersから使う

この記事はSelenium/Appium Advent Calendar 201 …

DynamoDB IAMポリシーで特定項目だけを許可する

検証記録です。 対象テーブル 書籍のサンプルで作ったこちらです。 所属バンドの楽 …

RDS + VPC + Lambda + API Gateway + CloudFront + WAF + ACMでAPIを構築する

RDSのMySQLの情報を与えられたリクエストをキーにしてjsonで返すAPIを …

S3をトリガーにしたときのLambdaのリソースベースポリシー

LambdaのトリガーでS3を設定したとき、自動的にLambdaのリソースベース …

Amazon SESの受信ルールでSNSトピックを追加

SESの受信ルールにSNSトピックを設定してみました。 [View Active …

Amazon Linux2(EC2)にEC-CUBE 4をインストール

こちらのHOMEお知らせ・コラムAmazon Linux2にEC-CUBE4.0 …