ヤマムギ

growing hard days.

*

AD Connectorを作成してシームレスにドメイン参加する

      2021/07/04

VPN接続先のADで管理されているドメインにEC2 Windowsインスタンスから参加するで試したようにVPN接続先のADで管理しているドメインに参加できました。

では、AD Connectorを使うメリットは何かとユーザーガイドを見てみると、「Amazon WorkSpaces、Amazon WorkDocs、Amazon WorkMail、シームレスなドメイン参加」ができるとのことです。

同じ環境を利用して、AD Connectorを作成して、シームレスなドメイン参加を試してみます。

AD ConnectorがないVPCでの確認

EC2起動ウィザードでドメイン結合ディレクトリに何もない状態です。

AD Connector の使用開始を参照して作業を進めました

ADにConnectorsグループを作成

ドメインにConnectorsグループを作成しました。

[Action]-[Delegate Control]を選択してDelegation of Control Wizardを起動しました。

AddボタンからConnectorsグループを選択しました。

Create a custom task to delegateを選択しました。

Only the following objects in the folderでComputer objectsとUser objectsを選択して、Create selected objects in this folderとDelete selected objects in this folderを選択しました。

GeneralとProperty-specificが選択された状態で、Readを選択しました。
ウィザードは終了しました。

ドメインにユーザーを作成しました。

作成したユーザーをConnectorsに追加しました。

AD Connectors向けのネットワークテスト

DirectoryServicePortTest を東京リージョンVPCのWindowsインスタンスでダウンロードして展開しました。

このWindowsインスタンスはドメインメンバーの必要があるとのことなので、VPN接続先のADで管理されているドメインにEC2 Windowsインスタンスから参加するで作成、ドメイン参加したWindowsインスタンスを使用しました。

Windowsインスタンスのローカルに保存してテストしたところ、機能レベルはUnknownになりましたが、ポートは問題ありませんでした。

ひとまずこのまま進めてみて、問題があれば機能レベルを調査することにします。

AD Connectorの作成

該当のVPCがある東京リージョンのDirectory Serviceで、[ディレクトリのセットアップ]を押下しました。

[AD Connector]を選択しました。

ちょっと試したいだけでしたので、Smallを選択しました。

ネットワーキングは該当VPCとAZが異なる2つのサブネットを選択しました。

ドメイン名、DNSサーバーのプライベートIPアドレス、AD Connector用に作成したユーザー、パスワードを設定しました。

作成中からアクティブになりました。
指定したサブネットにENIが、VPCにはセキュリティグループが作成されていました。

EC2 Windowsインスタンスをシームレスにドメイン参加

EC2起動ウィザードに結合ディレクトリが表示されるようになりましたので選択しました。

IAMロールには以下のロールが必要なので用意しました。
* AmazonSSMManagedInstanceCore
* AmazonSSMDirectoryServiceAccess

起動したWindowsインスタンスはドメイン参加済でした。

既存のActive Directoryをそのまま利用できるので便利ですね。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第2版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , , , ,

ad

ad

  関連記事

Systems Manager パッチマネージャでベースラインを作成して適用する

ベースラインの作成 Systems Managerのパッチマネージャーでパッチベ …

S3バケットにWebフォントをアップロードしてCORSを設定する

Webフォントファイルは、モジワク研究さんのマメロンを使用させていただきました。 …

ads.txtをS3に配置してCloudFrontで設定する

ads.txtのダウンロード ads.txt設置してねってメールが来てました。 …

AWS CodeStarのプロジェクトテンプレートLambda+Pythonによって生成されるもの

勉強会のデモで、AWS CodeStarのプロジェクトテンプレートLambda+ …

AWS CloudHSMを起動してみました

なかなか触る機会のないサービス、CloudHSM。 起動してみました。 手順はユ …

RDSスナップショットのS3エクスポート結果確認

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもで …

AWS SSOのパスワードリマインダーでADのパスワードを変更

AWS Managed Microsoft ADを構築してユーザー追加までで構築 …

Amazon Location Service入門ワークショップ-ジオコーディング

ジオコーディングにより住所を緯度経度に変換したり、逆に緯度経度から住所を求めたり …

AWS CLIでS3マルチパートアップロードを確認

AWS CLI を使用して、Amazon S3 にファイルをマルチパートアップロ …

Amazon Quantum Ledger Database(QLDB)でサンプル台帳の作成と検証

Quantum Ledger Database(QLDB)を触ったことなかったの …