ヤマムギ

growing hard days.

*

[JapanTaxi] Athena 指向アナリティクス 〜真面目に手を抜き価値を得よ〜(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

      2017/06/05


Athenaのユースケースとして聞きにいきましたが、最近触ってるRe:dashも登場しました。

S3 + Athena + QuickSight or Re:dash or OtherBI はシンプルな構成としてトライしてみたいなと思いまして、こちらの記事で個人の月次データでやってみました。
TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

以下は当日セッションを聞いてのメモです。

Japan Taxiのサービスの概要と歴史

  • 全国タクシー アプリの開発
  • アプリからタクシーを呼ぶことが出来る
  • カード決済も可能
  • 予約も可能
  • 目的地を入れることで運賃計算も可能
  • 位置情報サービス、移動で人を幸せにする
  • タクシー会社が内製しているアプリ
  • 提携タクシー事業社322社
  • 乗務員向けアプリ
  • 運行管理
  • 2011年ローンチし、2016年にリニューアル
  • AWS , Azure GCPを用途に応じて使い分けているハイブリッドインフラ
  • EC2 , RDS. Lambda, Beanstalk , ELB , S3 , SQS , SES , CloudFront
  • 監視はDatadog

Athenaを選ぶ理由

  • 課金対象がスキャン量のみ
  • S3がそのままデータソースなのでS3資産をそのまま使える
  • ログは全て(Windows,Linux,SQLServer,FileStorage)S3に集める
  • S3の設定がAthenaを意識されてなくても大きな問題はない

使用例

  • データ量 : 1.5GB/daily + app log , 5年分
  • 緯度経度データなどをRe:dashを使ってマップで見てる
  • Re:dashのデータソースをAthenaにしている
  • 状態監視はre:dashのalert

予約注文の課題の可視化

  • Re:dashとAthenaでリアルタイム監視
  • 受けられなかった予約注文を可視化
  • 目的は注文ロスの排除

時系列データの可視化

  • 注文ピークタイムの計測
@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …

AWS Summit 2017 Tokyo Day2 開場~基調講演

昨年に引き続き今年もAWS Summit Tokyoへ行ってきました。 朝一の新 …

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってきました

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってき …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。 基調講演 …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いて …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …