ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

      2017/10/19


AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。

基調講演を待っている間、DJタイムです。

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 基調講演

ホストはAmazon.com CTOのWernerさんでした。
昨日に引き続き「スタートアップ企業の支援強化」を強調されていました。

AWSのベストプラクティスを用いて構築しているからスタートアップでも実現できている

お一人目のゲストスピーカーは株式会社ソラコム 最高技術責任者の安川さんでした。
* デバイスをクラウドに直接接続する
* AWS上に3G/LTEコアネットワークを構築
* 必要に応じてクラウドからインターネットに接続する
* AWSのベストプラクティスを用いて構築しているからスタートアップでも実現できている
* マイクロサービス群がAPIを通して結合するアーキテクチャ
* データベースはDynamoDB
* 疎結合化と非同期化
* 世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ

JAWS DAYS以来、IoTから離れてたのでそろそろやんなきゃなと思いました。

常に過ちは起きるもの

ホストのWernerさんに戻ります。
このコマで仰ってたことで印象に残ったのは、
「とにかく早く、超音速でリアルタイムに」
「常に過ちは起きるもの」
でした。

社内で使って便利なものを社外にも使ってもらう

お二人目のゲストスピーカーは東日本電信電話株式会社の中村さんでした。

  • CloudGateway (Network as Code)
  • AWSメリットはコスト、スピード、アジリティ
  • コスト 機能と価格のバランス
  • スピード タイムリーな市場投入
  • アジリティ 変化に柔軟に対応

スピードはみなさん仰るように、ただ早いだけではなくて、「リアルタイム」、「タイムリー」といったキーワードとともに実現されるから意味があるんだなと思いました。

10倍高速

ホストのWernerさんに戻ります。

  • サーバーレス プロビジョニング、管理は不要、使った時だけ課金
  • Lambda , Step Function , DynamoDB
  • X-Ray 分散アプリケーションの分析とデバッグ
  • Amazon DynamoDB Accelerator(DAX) :10倍高速

エンタテイメント・オートメーション

3人目のゲストスピーカーはソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の川西さんでした。

  • IoT取り組み(Design,Device,Network&Cloud,AI,System Integration)
  • スマートホームサービス
  • 見守り(ドアのセンサータグ)
  • コミュニケーション(LEDに人感センサー、マイク、スピーカー)

デバイスはサーバを必要としない

ホストのWernerさんに戻ります。

  • Device Gateway , Device SDK , Device Shadow , Rules Engine
  • AWS Greengrass : Device上でプログラムを動かす
  • Amazon Aurora : MySQLのパフォーマンスを最大5倍に改善
  • Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディション

出来るかどうかではなく、やるかやらないか

4人目のゲストスピーカーはグリー株式会社の藤本さんでした。

  • 4年間業績が下降し様々なことを試して回復した
  • 数千台のサーバをAWSに移行(およそ1年)
  • Direct Connect によりL3接続、レプリケーション
  • あらゆるサービスは減衰する可能性がある
  • 評価は未来を正しく予測することなので大変むずかしい
  • 速さは裏切らない、速くて困ることはほとんどない

ぐさりぐさりと言葉が胸に突き刺さりまくりでした。

企業の差別化の大きな要素はどんなデータを持っているか、どんな分析を行うか

最後にホストのWernerさんに戻ります。

  • 同じ機能が使えるようになった今、企業の差別化の大きな要素はどんなデータを持っているか、どんな分析を行うか
  • Athena : 標準SQLでS3のデータのクエリを発行
  • Amazon EMR : Elastic Map Reduce
  • Amazon Redshift : 複雑なクエリの実行、超高速、ペタバイト規模のDWH
  • Redshift Spectrum : S3のデータに対してRedshiftクエリを実行
  • 例えばHiveだと5年かかる処理がSpectrumだと155秒、数百億ドルのコスト削減
  • 予測 : Amazon Machine Learning , Deep learning AMI and Template
  • 画像認識 : Amazon Recognition
  • C-SPAN の例、政治家を自動で映像にタグ付け
  • 画像が不適切かどうかを自動的にスコアリング
  • 話す : Amazon Polly 47種類、24ヶ国の音声でtext to speech , speech mark(avatarに話させる)
  • 聞く : Amazon Lex 自動音声認識と自然言語理解
  • 企業が生き残るための鍵はデジタルトランスフォーメーション

キーノートの後は、お弁当です。
今回は3日間ともごちそうになりました。
ありがとうございました。

Dev Day Night

3日目の夜はDev Day Nightに行きました。

落語を見たり、ビンゴ大会をしたり、とにかく呑んでました。

そして品川の夜は更けていきます。。。。。。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Step Functions まずはパラレルでLambdaを並列実行してみました

複数のlambdaの実行制御をLambdaでやってましたが、その部分をStep …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

Developers Summit 2018 「AWSのフルマネージドな環境でCI/CDをやってみよう!AWS Cloud9からAWS Fargateへの継続的デプロイをご紹介」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echoです。 以下は、思ったことや気になったことを …

slackのbotをAWS Lambda(Python)+API Gatewayで構築

slackで投稿した内容に応じて返信したり調べ物したりしてくれるbotですが、こ …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

php-fpm で Out of memoryが発生した際にメール通知する(AWS CloudWatch , Amazon SNS)

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNg …

AWS Well-Architected フレームワークによるクラウド ベスト プラクティスのセッションを聞いたので自アカウントの環境を確認してみる

AWS Summit Tokyo 2017で「AWS Well-Architec …

AWS CloudFormationでAmazon DynamoDBテーブルを作ってアイテムを追加する

デモ用にDynamoDBテーブルを作って消して、ということをたまにするので、Cl …

WordPressをAmazon CloudFrontで配信してついでにACM(AWS Certificate Manager)を使って常時SSL化する

当サイトの500と502の発生状況がドイヒーであるとの苦情をいただきまして、Am …

再会の日 ~re:Union 2018 Osaka by JAWS-UG~

8/5は大阪でre:Unionでした。 「再会」と名うったこのイベントは、6月に …