ヤマムギ

growing hard days.

*

Redmineの作業時間、予定工数をSQLで抽出

      2017/02/20


プラグインとかでやればいいのかもなのですが、可視化はダッシュボードツールとかBIとかに任せた方が楽なのではと思い、Redmineから予定工数とか、実作業時間とか必要なデータを抽出してみました。
この抽出結果をre:dashとか使って可視化すればいいかと思います。

データベースはMySQLです。

月間プロジェクト別予定工数

予定工数はissuesテーブルのestimated_hoursです。
担当者(assigned_to_id)で絞っています。
期日(due_date)ベースですのでチケットの粒度は細かめにして月をまたぐようなチケットがないようにしないとあまり意味がありません。
これを予定ですでに限界を迎えている月がないかを見るための可視化の元データとします。

月間プロジェクト別消化予定工数

status_id=5 で完了チケットのみに絞ります。
これを予定に対しての進捗度合いを測るための可視化の元データとします。
見込みのボリュームのまま、消化度合いを測るために使います。

月間プロジェクト別作業実績

作業時間はtime_entriesテーブルのhoursです。
これを工数見積に対して実際どうであったかの予実の指標として使います。

他はtime_entriesの作業種類を使って週や月で何の作業(開発、運用、打ち合わせなど)に時間をかけているのかとか、生産性を高めるために振り返るワークログとして使えればと思っています。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - Redmine

ad

ad

  関連記事

CentOS 6.5にRedmineをインストールするためにrubyをインストールする

とりあえずgitは入っている前提で [bash] # cd /opt # git …

Amzon Linux のApacheでRedmineとWordPressをバーチャルホストで共存する

EC2とRDSを節約しようと思いまして、Redmineを動かしてるとこに検証用W …

RedmineにGoogleAppsアカウントでログイン出来るようにする

RedmineのログインをGoogleアカウントで出来るように[redmine_ …

Redmine プラグイン開発チュートリアルをやってみる

Redmine 3.0環境でプラグインを作成するチュートリアルをやってみました。 …

Redmine3.0.0に CSV Importerプラグインをインストールする

バグ管理や開発の現場だけではなく進捗管理などにも重宝出来るRedmine。 その …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

RedmineにEasy Gantt プラグインをインストールしようとしたらRubyのバージョンが古いという事にひっかかったのでRubyもアップグレードした

RedmineにEasy Ganttプラグインをインストールしました。 標準のガ …

Redmine 3.0.0 のメールサーバーでGoogleApps SMTPサーバーを利用する

Redmineのメール通知サーバーとしてGoogleAppsを使用する方法です。 …

Redmine 3.4にAgile Plugin をインストール

過去にも似たような記事を書いていますが、新しいバージョンのRedmine 3.4 …

Redmine 3.0.0 にLocal Avatar プラグインをインストールしてユーザーがアバターを簡単に変更出来るようにする

Redmineのアバターは標準でGravater採用なのですが、エンドユーザーに …