ヤマムギ

growing hard days.

*

Redmineの作業時間、予定工数をSQLで抽出

      2017/02/20


プラグインとかでやればいいのかもなのですが、可視化はダッシュボードツールとかBIとかに任せた方が楽なのではと思い、Redmineから予定工数とか、実作業時間とか必要なデータを抽出してみました。
この抽出結果をre:dashとか使って可視化すればいいかと思います。

データベースはMySQLです。

月間プロジェクト別予定工数

予定工数はissuesテーブルのestimated_hoursです。
担当者(assigned_to_id)で絞っています。
期日(due_date)ベースですのでチケットの粒度は細かめにして月をまたぐようなチケットがないようにしないとあまり意味がありません。
これを予定ですでに限界を迎えている月がないかを見るための可視化の元データとします。

月間プロジェクト別消化予定工数

status_id=5 で完了チケットのみに絞ります。
これを予定に対しての進捗度合いを測るための可視化の元データとします。
見込みのボリュームのまま、消化度合いを測るために使います。

月間プロジェクト別作業実績

作業時間はtime_entriesテーブルのhoursです。
これを工数見積に対して実際どうであったかの予実の指標として使います。

他はtime_entriesの作業種類を使って週や月で何の作業(開発、運用、打ち合わせなど)に時間をかけているのかとか、生産性を高めるために振り返るワークログとして使えればと思っています。

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - Redmine

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

Redmine プラグイン開発チュートリアルをやってみる

Redmine 3.0環境でプラグインを作成するチュートリアルをやってみました。 …

Redmine REST APIを操作するpython_redmineを試してみた

Redmine のGUIの登録が面倒なのでコマンドで登録、更新、時間の記録が出来 …

Redmine3.0.0に CSV Importerプラグインをインストールする

バグ管理や開発の現場だけではなく進捗管理などにも重宝出来るRedmine。 その …

redmine_omniauth_googleプラグインをRedmine3.0.0で動くようにする

redmine_omniauth_googleプラグインをインストールしたところ …

Redmine 3.0.0 のメールサーバーでGoogleApps SMTPサーバーを利用する

Redmineのメール通知サーバーとしてGoogleAppsを使用する方法です。 …

RedmineにEasy Gantt プラグインをインストールしようとしたらRubyのバージョンが古いという事にひっかかったのでRubyもアップグレードした

RedmineにEasy Ganttプラグインをインストールしました。 標準のガ …

Redmine 3.0.0 にLocal Avatar プラグインをインストールしてユーザーがアバターを簡単に変更出来るようにする

Redmineのアバターは標準でGravater採用なのですが、エンドユーザーに …

RedmineとGitLabを同じサーバにインストールする

Redmineでプロジェクトに設定できるGitはローカルのみ(Redmineと同 …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …