ヤマムギ

growing hard days.

*

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

   


JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Raspberry Pi + Athena + QuickSightで可視化」の事前検証をしました記録です。

こちらの個人ブログでは検証の記録をしているのみです。

ハンズオン当日は親切丁寧なQiitaの記事を見ながら、分からないところはメンターに質問してもらいながら進めていただきますのでご安心ください。

Amazon Kinesis FirehoseのためのIAMユーザ

AmazonKinesisFirehoseFullAccessのポリシーを付与したユーザーを作成して、Access Key IDとSecret Access Keyを控えておくかユーザ作成時のCSVを保管します。

Amazon Kinesis Firehoseの設定

Desination : Amazon S3
Delivery stream name : 任意
S3 bucket : 任意
Buffer interval : 300
IAM role : Firehose delivery IAM role

Raspberry Pi

AWS CLIをインストールして設定

1-wireモジュール用の設定

一番下に2行追加

次にbootconfigの設定ですが、念のためコピーを作成しておきます

一番下に1行追加

DS18B20の接続

ここで1つ目の問題発生

通販でDS18B20を買ってとどいいたものをろくろく確認もせずにブレッドボードに挿していざ検証っとしたところでセンサーが熱くなってこげくさくなってバチバチに。

よく見るとLM35DZでした。

ちょうどVccが逆になるのですね。いかんですね。

しかたなくもう1種類購入していたDS18B20使用 防水型 温度センサーを使用。

ここで2つ目の問題が発生。

実際のケーブルの色と説明のケーブルの色が違う。。。。。。。

試しながらつないでみて、下記の結果でした。
赤=赤、青=黄、黒=灰

なので、抵抗を経由して、赤を3.3vに、黄をGPIO4に、灰をGNDに接続しました。

シェルスクリプトの作成

「28-」から始まるディレクトリ名を確認

実行!

S3確認

出来てます!

Athenaでクエリーテーブル作成

[add table]からデータベースとテーブルを作成しました。

  • Database : Create new database
  • Name : jawsdays2017
  • Table Name : sensor
  • Location of Input Data Set : s3://days-yama-2017/

  • Data Format : JSON

  • Column1 : time : timestamp

  • Column2 : temperature : float

QuickSightで可視化

QuickSightではAthenaで作成しているS3にアクセス許可をしておきました。
[Manage QuickSight] – [Account Settings] – [Edit AWS permissions]

Athenaのデータセットを作成

New Data SetでAthenaを選択

データベースとテーブルを選択

Import to SPICEを選択

Analysisでごにょごにょ

Visual typesで折れ線グラフを選んで X axisにtime(HOUR),Valueにtemperature(AVERAGE)を設定してあっという間に気温遷移のグラフが完成です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS, IoT , , , , , , , , ,

ad

ad

  関連記事

「re:CAP ~サーバーワークス re:Invent 2018 報告会~」でre:Invent2018について思われたことを聞かせていただいた

サーバーワークスさんのre:Invent re:CAPにおじゃましました。 re …

Raspberry Pi で L-03DをSORACOM Air SIMで接続する

最初はwvdialで施行していましたが、/var/log/messages に「 …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

「OK Google、おばけやしきにつれてって」もらいました

目次 「OK Google、おばけやしきにつれてって」「OK Google、でん …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

Amazon EC2(Amazon Linux 2)にRedmine3.4をインストール

久しぶりに新しい環境でRedmineを構築したくなり、せっかくなのでAmazon …

AWS Data Pipelineを使ってDynamoDBのアイテムを全件S3バケットに書き出した

ちょっと試してみたくてやってみました。 手順はこちらのチュートリアルを参考にすす …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

ブログの画像を別アカウントのS3に移動するためにIAMロールでクロスアカウントアクセス

ずっと先延ばしにしていたのですが、このブログの画像はEC2から直接配信しています …

JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを作る側からの物申す〜に参加、運営、登壇しました

先日、JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを …