ヤマムギ

growing hard days.

*

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

   


JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Raspberry Pi + Athena + QuickSightで可視化」の事前検証をしました記録です。

こちらの個人ブログでは検証の記録をしているのみです。

ハンズオン当日は親切丁寧なQiitaの記事を見ながら、分からないところはメンターに質問してもらいながら進めていただきますのでご安心ください。

Amazon Kinesis FirehoseのためのIAMユーザ

AmazonKinesisFirehoseFullAccessのポリシーを付与したユーザーを作成して、Access Key IDとSecret Access Keyを控えておくかユーザ作成時のCSVを保管します。

Amazon Kinesis Firehoseの設定

Desination : Amazon S3
Delivery stream name : 任意
S3 bucket : 任意
Buffer interval : 300
IAM role : Firehose delivery IAM role

Raspberry Pi

AWS CLIをインストールして設定

1-wireモジュール用の設定

一番下に2行追加

次にbootconfigの設定ですが、念のためコピーを作成しておきます

一番下に1行追加

DS18B20の接続

ここで1つ目の問題発生

通販でDS18B20を買ってとどいいたものをろくろく確認もせずにブレッドボードに挿していざ検証っとしたところでセンサーが熱くなってこげくさくなってバチバチに。

よく見るとLM35DZでした。

ちょうどVccが逆になるのですね。いかんですね。

しかたなくもう1種類購入していたDS18B20使用 防水型 温度センサーを使用。

ここで2つ目の問題が発生。

実際のケーブルの色と説明のケーブルの色が違う。。。。。。。

試しながらつないでみて、下記の結果でした。
赤=赤、青=黄、黒=灰

なので、抵抗を経由して、赤を3.3vに、黄をGPIO4に、灰をGNDに接続しました。

シェルスクリプトの作成

「28-」から始まるディレクトリ名を確認

実行!

S3確認

出来てます!

Athenaでクエリーテーブル作成

[add table]からデータベースとテーブルを作成しました。

  • Database : Create new database
  • Name : jawsdays2017
  • Table Name : sensor
  • Location of Input Data Set : s3://days-yama-2017/

  • Data Format : JSON

  • Column1 : time : timestamp

  • Column2 : temperature : float

QuickSightで可視化

QuickSightではAthenaで作成しているS3にアクセス許可をしておきました。
[Manage QuickSight] – [Account Settings] – [Edit AWS permissions]

Athenaのデータセットを作成

New Data SetでAthenaを選択

データベースとテーブルを選択

Import to SPICEを選択

Analysisでごにょごにょ

Visual typesで折れ線グラフを選んで X axisにtime(HOUR),Valueにtemperature(AVERAGE)を設定してあっという間に気温遷移のグラフが完成です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS, IoT , , , , , , , , ,

ad

ad

  関連記事

CUSTOMINEを使ってkintoneからAWS Lambdaを実行する(Cognito認証付き)

先日の記事「kintoneのカスタマイズ開発を超速にするCUSTOMINE」で書 …

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する

目次 昨日まで(AWS Batch)今日から(AWS Lambda)ARNを指定 …

AWSアカウント ルートユーザーのMFAが使えなくなったので復旧

AWSのルートユーザーどころか、MFAが使えるログインすべてが使えなくなって焦り …

EFSをEC2(Amazon Linux 2)からマウントする

Amazon Elastic File Systemが東京リージョンに来たことも …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …

JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを作る側からの物申す〜に参加、運営、登壇しました

先日、JAWS-UG Osaka 第14回勉強会 「DIY」 〜自社内システムを …

AWS Lambda(Python3)でSelenium + Chrome Headless + でwebスクレイピングする

インターネット上に公開されている情報をDynamoDBにつっこみたいだけなので、 …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

re:Invent 徒歩記(シアトルも)

このブログは、AWS re:invent 2018 Advent Calenda …

Amazon CloudSearchにAWS Lambda(Python)からデータをアップロードする

このブログはゆるっとアドベントカレンダー Advent Calendar 201 …