ヤマムギ

growing hard days.

*

Remoでオンライン宴会してみました

   


Remoを触ってみましたという記事で検証してみた、オンラインカンファレンスサービスのRemoを使ってオンライン宴会の会場として提供してみました。

最初は4名スタートです。
1テーブルは最大6名まで座れますので、この人数だと1テーブルに集まりました。

途中で私は配信ライブを見るために、横のソファーに移動しました。
他の人たちは、2テーブルで雑談していました。

別の日で、金曜日の夜です。
SNSで来れそうな人たちに呼びかけてみました。
仕事がある人や、家での用意がある人や、別のオンラインに参加している人はまわりのソファーで1人になったりしてます。
テーブルに集まっている人たちはそれぞれのテーブル内で雑談しています。

雑談中もわりと、1つのテーブルに居続けるよりも、みなさん気軽にいろんなテーブルに移動していたようです。
流動がおきやすいようにするには、1テーブル5名までにしましょうね、などルールを決めたほうがいいかもですね。
6名入ってしまうと他の人が入れなくなってしまいます。

横のソファでは、オンライン麻雀を楽しんだりもしました。
それぞれが違う楽しみ方もできるのがいいですね。
全体で何かしたいときは、スピーカーとして設定して、プレゼンテーション機能から全員にパブリッシュすることもできます。
テーブルに座っているときに、下のツールバーで、「TileView」機能で同じテーブルの人たちや共有されている画面を拡大して並べて見れます。

2回検証してみて楽しかったので、トライアル期間終了後は、ホストプランでとりあえず有償利用しようかと考えています。

ホストプランでできることは、2020年4月12日現在で次のようです。

  • 1テーブル4人まで
  • 50人まで招待可能
  • イベントの最長時間は1時間15分
  • 同時開催は1イベント
  • スポンサーバナーは1つ
  • スピーカーは3人

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - remote ,

ad

ad

  関連記事

Zoomの投票(アンケート)をAPI経由で作成する

Zoom投票機能 Zoomの投票機能というのがあります。 作るときは、Webの設 …

仮想オフィス空間のVirBERAを試してみました

画像とか使っていいのかわかりませんが、Twitterにアップしたところ、オフィシ …

手を汚さずにピーナッツを食べるおやつとんぐ

パソコンの前で、もくもくと何か作業にうちこんでいるとき、お腹はすきますがガッツリ …

オンライン駅伝!!

IT運動部というfacebookグループに参加している人たちで、オンライン駅伝を …

oViceトライアルを始めてみました

やりたいこと 今声かけていいのか知りたい。 ライトに声をかけたい。 「おはよう」 …

バランスボードを導入しました

なぜバランスボードを導入したか 在宅リモートワークでの、血行促進と運動不足解消で …

iRig2を導入しました

iRig2 購入 バンドの曲作りとかも、GarageBandを使ってプロジェクト …

Remotehourを使ってみました

Remotehour 最近、なかなかお会い出来てない知人が、ご担当のプロダクトで …

Anker PowerConfを買いました

リモートワークが多くなりまして、自宅から配信する機会も増えました。 聞く方よりも …

43.4インチ曲面ディスプレイ(PHILIPS 439P9H1/11)を導入しました

PHILIPS モニター ディスプレイ 439P9H1/11 (43.4インチ/ …