ヤマムギ

growing hard days.

*

Remo Virtual Officeを触ってみました

      2020/04/12


使ったというより、ひととおり操作してみただけなので、「触ってみました」という表現にしました。

Remoを触ってみました
Remoでオンライン宴会してみました

これらの記事に書いていますとおり、Remoというサービスを使うことで、大勢のカンファレンス会場を作って、各テーブルでの雑談が可能になります。

実は、このRemoにはもう一つサービスがありました。
それが、Remo Virtual Officeです。

Remo Virtual Office アカウント作成

アカウントの作成は、カンファレンスとは別で、こちらhttps://remo.co/virtual-office-space/で作成しました。

会社名を設定します。

Remo Virtual Office 用のアカウントを登録しました。

Remo Virtual Officeができました。
個人事務所ができたみたいでなんだかテンションがあがります。

Remo Virtual Officeでゲストを招待する

とりあえず社員メンバーとしては自分一人です。
他の部屋にはダブルクリックで移動できます。

ゲストを招待してみようと思います。
左上のメニューをクリックします。

[Invite a guest]を選択しました。

招待するユーザー用のURLが生成されます。
これはそのユーザーが1回訪問すると無効になる一時URLです。
複数のゲストを招待するときは、1人1人に発行する必要があります。

Remo Virtual Officeにゲストとして訪問してみる

URLを教えてもらったゲストはそのURLにアクセスします。
表示名を入力します。

待っている社員ユーザー側には、招待したゲストが来たことが通知されますので、[Sure]ボタンを押下します。

これでオフィスのエントランスまでは入れました。

社員メンバーがゲストを招き入れたい部屋に移動して、ゲストを右クリックして、[Get 名前]を押下します。

ゲスト側は、呼ばれたことが表示されるので、[ok]ボタンを押下しました。

これで、社員メンバーとゲストが同じ部屋で会話可能になりました。
普通の会社に訪問して会議室にお邪魔するのと同じですね。

[TileView]でカメラの表示を大きくすることもできます。

画面共有もできます。
打ち合わせも捗りそうですね。

帰るときは、ゲスト側が[Logout]します。

こちらのプライスは、会社メンバー1人あたりの月額料金です。
2020年4月11日現在で、Basicが$10で、Premiumが$15でした。
Premiumだと、ホワイトボード機能などが使えるようです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - remote ,

ad

ad

  関連記事

ペンタブDeco01を導入しました

XP-Pen ペンタブ Decoシリーズ 10×6.25インチ カスタ …

ELEGIANT 10.2インチ LEDリングライトを買いました

リモートワークの機会が多くなって、公私ともにWeb会議が増えています。 公私とも …

iRig2を導入しました

iRig2 購入 バンドの曲作りとかも、GarageBandを使ってプロジェクト …

手を汚さずにピーナッツを食べるおやつとんぐ

パソコンの前で、もくもくと何か作業にうちこんでいるとき、お腹はすきますがガッツリ …

Acrobat Readerで電子押印

「PDFの請求に電子押印してください。」とご依頼があったので、初めてやってみまし …

Macの OBS Studioで Virtual Cameraを使う

OBS Studioからyoutubeなどには簡単に配信できるのですが、MS T …

Remo Conference初回参加方法

Remo Conferenceで開催されているイベントに招待されたときの参加方法 …

Anker PowerConfを買いました

リモートワークが多くなりまして、自宅から配信する機会も増えました。 聞く方よりも …

アパホテルの有線LANはよきかなよきかな

アパホテルさんをよく利用しております。 でもWiFiネットワークには不満があって …

mmhmm private betaをZoomで試してみました

mmhmmという配信向けバーチャルカメラソフトウェアが楽しそうでしたので試してみ …