ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Cognito User Poolsのデモをしてみました

   


AWS Summit 2016 Tokyoのアップデートおっかけ会をJAWS-UG大阪でやるという事で、AWS Summit Tokyoでの発表ではなかったですが、AWS Summit CicagoのアップデートのCognito User Poolsのデモをしてみました。

環境作りのメモを残させていただきます。

参考(写経?)にさせていただいたサイト様

ありがとうございます!
感謝感謝でございます。

Developers.IO様
[新機能] Amazon Cognito に待望のユーザー認証基盤「User Pools」が追加されました!

horike37様
Amazon Cognito User Poolsを使って、webサイトにユーザ認証基盤を作る

Cognito User Poolsの設定

それでは、参考にさせていただきまくってはおりますが、設定手順などを書き残させていただきます。

Cognito-1

マネージメントコンソールからCognitoに行って、[Manage your User Pools]を選択します。

cognito-2

2016/6/19時点ではバージニア北部リージョンでしか使えないので、それ以外のリージョンを選択している場合は、[Switch to US East(Virginia)]ボタンが表示されるので押します。

Cognito-3

無事、バージニア北部リージョンに切り替わったら[Create a User Pool]を押してUser Poolの作成を開始します。

Cognito-4

Poolの名前を設定します。

Cognito-5

サインアップの際に必須にしたいユーザー属性(複数可)を選びます。
カスタム属性を作成する事も出来ます。

Cognito-6

パスワードポリシーを設定します。
最低文字数、数字、記号、大文字、小文字を含めるかを決めます。

Cognito-7

他要素認証を設定するかを決めます。
属性でEメールのみとしているので電話は設定出来なかった?ようです。
電話での認証もまた試してみますが、Verificationでメールでコードが飛ぶようにだけ、そのままの設定にしておきます。

Cognito-8

アプリの名前を設定します。

Cognito-9

設定内容が表示されるので確認して作成します。

Identity Poolの作成

続いて[Manage Federated Identities]-[Create new Identity pool]を押してIdentity poolを作成します。

Cognito-B-1

  • Identity poolの名前を設定します。
  • (今回はDEMO用のWebクライアントから使うので)「Enabale access to unauthenticated identities」にチェックを入れます。
  • Authentication providersで[Cognito]を選択します。
  • User Pool ID , App Client IDにCognito User Poolsで生成したそれぞれのIDを設定します。

Cognito-B-2

ロールはデフォルトのままで新規作成します。

デモ用Webクライアント

とりあえずDemoなのでindex.htmlに全部まとめてしまいました。

コード全部はGitHubに置いてますのでこちらをご参照ください。
GitHub – CognitoUserPoolsDemoWebClient

準備

amazon-cognito-identity-jsを使わせていただきます。

amazon-cognito-identity-jsのSetupに書いてますが、じゃっかん戸惑いましたので記載します。

あと、Demoなのでライブラリは全部index.htmlと同じディレクトリに置いてます。

  1. aws-sdk.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。ついでにaws-cognito-sdk.jsも。

  2. jqueryを落として置くか、どこかから読み込むかします。

  3. RSA and ECC in JavaScriptからjsbn.jsとjsbn2.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。

  4. Stanford JavaScript Crypto Libraryは[compile new version]を使うとログインのところでエラーとなるのでsjcl.js.zipをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置しました。

  5. moment.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。

共通のん

  • configにリージョンとIdentity poolのIDを設定しています。
  • poolData にUser Poolで生成したUser poolのIDとクライアントIDを設定しています。

サインアップ

slide-5

slide-6

サインアップするとVerificationの設定のとおり、メールが届きます。

slide-8

この時点ではまだ「Unconfirmed」です。

アクティベーション

slide-7

slide-9

「Confirmed」になりました。

ログイン

slide-10

slide-11

ログイン成功です!!!

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS EC2でAMI(Amazon Machine Image)を作成しておく

前回まででひとまずRedmineを構築するところまで出来たので、念のためスナップ …

Amazon EC2のAMIイメージを自動取得して保持日数が過ぎたら削除

画像の保存をEC2に戻した事もあってEC2のバックアップの自動取得を勉強がてらや …

AWS Lambda(Python)でDynamoDB テーブルを日次で削除/作成(オートスケーリング付き)

この記事はAWS #2 Advent Calendar 2018に参加した記事で …

re:Invent 徒歩記(シアトルも)

このブログは、AWS re:invent 2018 Advent Calenda …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

AlexaにAWSの最新Feedを読み上げてもらう(Lambda Python)

年末にAmazon Echo Dotを購入しましたので、練習がてらAlexaスキ …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Server …

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …