ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Cognito User Poolsのデモをしてみました

   


AWS Summit 2016 Tokyoのアップデートおっかけ会をJAWS-UG大阪でやるという事で、AWS Summit Tokyoでの発表ではなかったですが、AWS Summit CicagoのアップデートのCognito User Poolsのデモをしてみました。

環境作りのメモを残させていただきます。

参考(写経?)にさせていただいたサイト様

ありがとうございます!
感謝感謝でございます。

Developers.IO様
[新機能] Amazon Cognito に待望のユーザー認証基盤「User Pools」が追加されました!

horike37様
Amazon Cognito User Poolsを使って、webサイトにユーザ認証基盤を作る

Cognito User Poolsの設定

それでは、参考にさせていただきまくってはおりますが、設定手順などを書き残させていただきます。

Cognito-1

マネージメントコンソールからCognitoに行って、[Manage your User Pools]を選択します。

cognito-2

2016/6/19時点ではバージニア北部リージョンでしか使えないので、それ以外のリージョンを選択している場合は、[Switch to US East(Virginia)]ボタンが表示されるので押します。

Cognito-3

無事、バージニア北部リージョンに切り替わったら[Create a User Pool]を押してUser Poolの作成を開始します。

Cognito-4

Poolの名前を設定します。

Cognito-5

サインアップの際に必須にしたいユーザー属性(複数可)を選びます。
カスタム属性を作成する事も出来ます。

Cognito-6

パスワードポリシーを設定します。
最低文字数、数字、記号、大文字、小文字を含めるかを決めます。

Cognito-7

他要素認証を設定するかを決めます。
属性でEメールのみとしているので電話は設定出来なかった?ようです。
電話での認証もまた試してみますが、Verificationでメールでコードが飛ぶようにだけ、そのままの設定にしておきます。

Cognito-8

アプリの名前を設定します。

Cognito-9

設定内容が表示されるので確認して作成します。

Identity Poolの作成

続いて[Manage Federated Identities]-[Create new Identity pool]を押してIdentity poolを作成します。

Cognito-B-1

  • Identity poolの名前を設定します。
  • (今回はDEMO用のWebクライアントから使うので)「Enabale access to unauthenticated identities」にチェックを入れます。
  • Authentication providersで[Cognito]を選択します。
  • User Pool ID , App Client IDにCognito User Poolsで生成したそれぞれのIDを設定します。

Cognito-B-2

ロールはデフォルトのままで新規作成します。

デモ用Webクライアント

とりあえずDemoなのでindex.htmlに全部まとめてしまいました。

コード全部はGitHubに置いてますのでこちらをご参照ください。
GitHub – CognitoUserPoolsDemoWebClient

準備

amazon-cognito-identity-jsを使わせていただきます。

amazon-cognito-identity-jsのSetupに書いてますが、じゃっかん戸惑いましたので記載します。

あと、Demoなのでライブラリは全部index.htmlと同じディレクトリに置いてます。

  1. aws-sdk.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。ついでにaws-cognito-sdk.jsも。

  2. jqueryを落として置くか、どこかから読み込むかします。

  3. RSA and ECC in JavaScriptからjsbn.jsとjsbn2.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。

  4. Stanford JavaScript Crypto Libraryは[compile new version]を使うとログインのところでエラーとなるのでsjcl.js.zipをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置しました。

  5. moment.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。

共通のん

  • configにリージョンとIdentity poolのIDを設定しています。
  • poolData にUser Poolで生成したUser poolのIDとクライアントIDを設定しています。

サインアップ

slide-5

slide-6

サインアップするとVerificationの設定のとおり、メールが届きます。

slide-8

この時点ではまだ「Unconfirmed」です。

アクティベーション

slide-7

slide-9

「Confirmed」になりました。

ログイン

slide-10

slide-11

ログイン成功です!!!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWSアカウント ルートユーザーのMFAが使えなくなったので復旧

AWSのルートユーザーどころか、MFAが使えるログインすべてが使えなくなって焦り …

AWSアカウントルートユーザーのMFAでYubicoセキュリティキーを設定した

先日Yubico セキュリティキーを購入して、USBにささなければならないのがな …

「JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 大阪」で運営をしました

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪のナイトイベントで、「JAW …

TwilioからのリクエストをAPI Gateway+LambdaでTwimlを返して処理する

Twilioで着信した時のリクエスト先としてTwimlをWebサーバやS3で用意 …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いて …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗 原因はPHP-FPMのOOM-KILLER

目次 先週に引き続きEC2のインスタンスステータスチェックで失敗とはいえまたスペ …

Amazon Aurora Serverlessを使い始めてみました(1日経過しての課金結果も)

祝!!! Amazon Aurora ServerlessがGAになりました! …

再会の日 ~re:Union 2018 Osaka by JAWS-UG~

8/5は大阪でre:Unionでした。 「再会」と名うったこのイベントは、6月に …