ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Cognito User Poolsのデモをしてみました

   


AWS Summit 2016 Tokyoのアップデートおっかけ会をJAWS-UG大阪でやるという事で、AWS Summit Tokyoでの発表ではなかったですが、AWS Summit CicagoのアップデートのCognito User Poolsのデモをしてみました。

環境作りのメモを残させていただきます。

参考(写経?)にさせていただいたサイト様

ありがとうございます!
感謝感謝でございます。

Developers.IO様
[新機能] Amazon Cognito に待望のユーザー認証基盤「User Pools」が追加されました!

horike37様
Amazon Cognito User Poolsを使って、webサイトにユーザ認証基盤を作る

Cognito User Poolsの設定

それでは、参考にさせていただきまくってはおりますが、設定手順などを書き残させていただきます。

Cognito-1

マネージメントコンソールからCognitoに行って、[Manage your User Pools]を選択します。

cognito-2

2016/6/19時点ではバージニア北部リージョンでしか使えないので、それ以外のリージョンを選択している場合は、[Switch to US East(Virginia)]ボタンが表示されるので押します。

Cognito-3

無事、バージニア北部リージョンに切り替わったら[Create a User Pool]を押してUser Poolの作成を開始します。

Cognito-4

Poolの名前を設定します。

Cognito-5

サインアップの際に必須にしたいユーザー属性(複数可)を選びます。
カスタム属性を作成する事も出来ます。

Cognito-6

パスワードポリシーを設定します。
最低文字数、数字、記号、大文字、小文字を含めるかを決めます。

Cognito-7

他要素認証を設定するかを決めます。
属性でEメールのみとしているので電話は設定出来なかった?ようです。
電話での認証もまた試してみますが、Verificationでメールでコードが飛ぶようにだけ、そのままの設定にしておきます。

Cognito-8

アプリの名前を設定します。

Cognito-9

設定内容が表示されるので確認して作成します。

Identity Poolの作成

続いて[Manage Federated Identities]-[Create new Identity pool]を押してIdentity poolを作成します。

Cognito-B-1

  • Identity poolの名前を設定します。
  • (今回はDEMO用のWebクライアントから使うので)「Enabale access to unauthenticated identities」にチェックを入れます。
  • Authentication providersで[Cognito]を選択します。
  • User Pool ID , App Client IDにCognito User Poolsで生成したそれぞれのIDを設定します。

Cognito-B-2

ロールはデフォルトのままで新規作成します。

デモ用Webクライアント

とりあえずDemoなのでindex.htmlに全部まとめてしまいました。

コード全部はGitHubに置いてますのでこちらをご参照ください。
GitHub – CognitoUserPoolsDemoWebClient

準備

amazon-cognito-identity-jsを使わせていただきます。

amazon-cognito-identity-jsのSetupに書いてますが、じゃっかん戸惑いましたので記載します。

あと、Demoなのでライブラリは全部index.htmlと同じディレクトリに置いてます。

  1. aws-sdk.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。ついでにaws-cognito-sdk.jsも。

  2. jqueryを落として置くか、どこかから読み込むかします。

  3. RSA and ECC in JavaScriptからjsbn.jsとjsbn2.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。

  4. Stanford JavaScript Crypto Libraryは[compile new version]を使うとログインのところでエラーとなるのでsjcl.js.zipをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置しました。

  5. moment.jsをダウンロードしてindex.htmlと同じディレクトリに配置します。

共通のん

  • configにリージョンとIdentity poolのIDを設定しています。
  • poolData にUser Poolで生成したUser poolのIDとクライアントIDを設定しています。

サインアップ

slide-5

slide-6

サインアップするとVerificationの設定のとおり、メールが届きます。

slide-8

この時点ではまだ「Unconfirmed」です。

アクティベーション

slide-7

slide-9

「Confirmed」になりました。

ログイン

slide-10

slide-11

ログイン成功です!!!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …

AWSアカウントルートユーザーのMFAでYubicoセキュリティキーを設定した

先日Yubico セキュリティキーを購入して、USBにささなければならないのがな …

AtomエディタでEC2のファイルを直接編集する

Webページを編集していてEC2のファイルをvimエディタでさわったりしています …

Amazon Aurora Serverless 課金確認

Amazon Aurora Serverlessを使い始めてみましたの記事で書い …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

Feedlyのフィードを自動でSlackへ投稿する(AWS Lambda , Amazon DynamoDB)

目次 やりたいこと実現方法動作ソースコードDynamoDBの設定参考 Dynam …

Amazon Elasticsearch ServiceにMySQLのデータを投入してkibanaで可視化してみる

MySQLのデータの可視化にAmazon Elasticsearch Servi …

ECR(Amazon Elastic Container Registry)にコンテナイメージをアップロードする

「Pandocサーバーのコンテナイメージを作成する」で作成したイメージをAWS …

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いて …

AWS Summit Tokyo 2017 聴講したセッションのメモ

2017年6月に参加しましたAWS Summitで聴講したセッションのメモを記し …