ヤマムギ

growing hard days.

*

「AWSの基礎を学ぼう 特別編 最新サービスをみんなで触ってみる Amplify + Admin UI」に参加しました。

   

亀田さんが定期開催というか、高頻度開催されている「AWSの基礎を学ぼう 特別編 最新サービスをみんなで触ってみる Amplify + Admin UI」に参加しました。

「2020年12月にアナウンスされた、アプリケーションバックエンドを構成し、AWSコンソールの外部でアプリユーザーとコンテンツを管理するための新しいAWS Amplifyの管理UIである、Amplify Admin UIをみんなで触りましょう」というハンズオンです。

手順はこちらです。
AWS-Amplify-Admin-UI

ハンズオン環境構築

Cloud9で環境を作成しました。
私はバージニア北部でやりました。

Cloud9のEC2インスタンスにアタッチされているEBSボリュームは10GBなので、このあとのハンズオンのために、30GBにリサイズします。
resize.shを用意いただいてました。
中身はAWS CLIでボリュームのサイズ変更して、変更完了したら、growpartコマンドなどなどを実行して、Linuxで使えるようにすると。

次にCloud9デフォルトの認証情報を削除します。
aws configure listで見るとこうなっていました。
Cloud9構築時に.aws/credentialsができてるんですね。

Cloud9のAWS SettingsでAWS managed temporary credentialsをオフにしました。

全部設定がなくなるのですね。
ふむふむ。

で確認すると、AWS managed temporary credentialsをオンにすると、.aws/credentialsができて、オフにすると削除しているのですね。
なるへそなるへそ。

Amplify CLIのインストールと設定

Amplifyのインストールとハンズオン用のIAMユーザー作成と設定をしました。

React Appを作成

次にReact Appを作成しました。

Happy hacking!と出力されたら完了です。

プロジェクトの作成

別のターミナルを開いて次のコマンド。
amplify initでプロジェクトを作成して、CloudFormationスタックができました。

そして次に、Reactフロントエンド用UIライブラリをインストールしました。

できたindex.jsにGithubに用意された3行を足して次のようにしました。

APIのデプロイ

そしてpush

3つのネストされたCloudFormationスタックを作成する、CloudFormationスタックが作成されました。

アプリケーションの開発

App.jsをGithubで用意されたソースに変更しました。
Todoアプリのようです。

npm startをやり直すと、、、、、、、、

Todoアプリが右下のウインドウで表示されました!
適当にNameとDescriptionを書いて[Create Todo]しました。

DynamoDBテーブルにPutItemされました!
Cloud9上でのローカルテストはOKですね。

アプリをAmplify環境へのホスティング

CloudFormationスタックが更新されてアプリがデプロイされした。

アプリが起動できたので、テストデータを登録します。

DynamoDBテーブルにPutItemできました。

Admin UIの起動

いよいよ本日の本編Admin UIの起動です。

Amplifyコンソールにアプリが追加されています。

[Set up admin UI]を押下しました。

Enableをonにすると、有効化がはじまりました。

有効化が完了したので、[Open admin UI]を押下しました。

アプリの管理画面Admin UIにアクセスできました。
IAMユーザーとは別にAdmi UIのユーザーを招待して、アプリの管理をしてもらえます!

Hi!
You are invited to collaborate on the reactamplified (d3a3r31eanpk5t) project on AWS Amplify.
Your temporary credentials are:
Username:xxxxxx@gmail.com
Temporary Password: 4s9|ZGU8
Visit the Amplify admin UI to get started!

こんなメールが届いて、Admin UIへのログイン画面へアクセスできます。
一時パスワードでログインですね。

アプリで使っているDynamoDBテーブルのデータを管理したりできます。
マネジメントコンソールからDynamoDBテーブルをメンテナンスするのではなく、アプリの管理者としてデータメンテナンスができるのですね。
なるほど。
例えば商品マスタのメンテナンスとかですね。

Admin UIからアプリを作成するってこともできたりするそうです。

片付け

CloudFormationスタック削除とCloud9の環境削除です。

亀田さん、勉強会の開催ありがとうございました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

Developers Summit 2018 「Building Real-time Application With AWS AppSync 〜GraphQLの始め方〜」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「関西AWSスタートアップ勉強会」に行ってきました

第2回 関西スタートアップAWS勉強会に行ってきました。 akippa 拠点数コ …

No-Code JP 第0回で様々な熱い言葉を聞いて思ったこと

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

実録 JAWS DAYS 2017 ~RoadTrip,スタッフ,ハンズオンメンターで参加しまして~

今年もJAWS DAYSにいってまいりました。 RoadTripの話 去年に引き …

Developers Summit 2024 「アーキテクチャから学ぶKubernetesの全体像」を見ました

株式会社スリーシェイク bells17さん Kubernetesの基盤となるCo …

Alexaで作る受付システム(Alexa Day 2019でのブログ)

ランチタイムセッション3本目はウフルさん。 たくさんのLEDをコントロールされて …

AWS Cloud Roadshow 2016 Osaka Night Event ミッドナイトJAWS

AWS Cloud Roadshow Osaka 2016のナイトイベントでミッ …

Backlog World 2021 旅 ~Journey~ オンラインに参加しました

Backlog World 2021 旅 ~Journey~ オンラインに参加し …

Alexa Day 2018で「Alexa Skill Contest」を聞きました

Alexa Day 2018のラストセッションは、「Alexa Skill Co …

第5回 八子クラウド座談会in関西 「関西まるっとIoTでやったらんかい♬」に行ってきました

SIMの契約変更のはざまで通信がほぼ使えず。 そんな状態なので、Twitterで …