ヤマムギ

growing hard days.

*

「AWSの基礎を学ぼう 特別編 最新サービスをみんなで触ってみる Amplify + Admin UI」に参加しました。

   


亀田さんが定期開催というか、高頻度開催されている「AWSの基礎を学ぼう 特別編 最新サービスをみんなで触ってみる Amplify + Admin UI」に参加しました。

「2020年12月にアナウンスされた、アプリケーションバックエンドを構成し、AWSコンソールの外部でアプリユーザーとコンテンツを管理するための新しいAWS Amplifyの管理UIである、Amplify Admin UIをみんなで触りましょう」というハンズオンです。

手順はこちらです。
AWS-Amplify-Admin-UI

ハンズオン環境構築

Cloud9で環境を作成しました。
私はバージニア北部でやりました。

Cloud9のEC2インスタンスにアタッチされているEBSボリュームは10GBなので、このあとのハンズオンのために、30GBにリサイズします。
resize.shを用意いただいてました。
中身はAWS CLIでボリュームのサイズ変更して、変更完了したら、growpartコマンドなどなどを実行して、Linuxで使えるようにすると。

次にCloud9デフォルトの認証情報を削除します。
aws configure listで見るとこうなっていました。
Cloud9構築時に.aws/credentialsができてるんですね。

Cloud9のAWS SettingsでAWS managed temporary credentialsをオフにしました。

全部設定がなくなるのですね。
ふむふむ。

で確認すると、AWS managed temporary credentialsをオンにすると、.aws/credentialsができて、オフにすると削除しているのですね。
なるへそなるへそ。

Amplify CLIのインストールと設定

Amplifyのインストールとハンズオン用のIAMユーザー作成と設定をしました。

React Appを作成

次にReact Appを作成しました。

Happy hacking!と出力されたら完了です。

プロジェクトの作成

別のターミナルを開いて次のコマンド。
amplify initでプロジェクトを作成して、CloudFormationスタックができました。

そして次に、Reactフロントエンド用UIライブラリをインストールしました。

できたindex.jsにGithubに用意された3行を足して次のようにしました。

APIのデプロイ

そしてpush

3つのネストされたCloudFormationスタックを作成する、CloudFormationスタックが作成されました。

アプリケーションの開発

App.jsをGithubで用意されたソースに変更しました。
Todoアプリのようです。

npm startをやり直すと、、、、、、、、

Todoアプリが右下のウインドウで表示されました!
適当にNameとDescriptionを書いて[Create Todo]しました。

DynamoDBテーブルにPutItemされました!
Cloud9上でのローカルテストはOKですね。

アプリをAmplify環境へのホスティング

CloudFormationスタックが更新されてアプリがデプロイされした。

アプリが起動できたので、テストデータを登録します。

DynamoDBテーブルにPutItemできました。

Admin UIの起動

いよいよ本日の本編Admin UIの起動です。

Amplifyコンソールにアプリが追加されています。

[Set up admin UI]を押下しました。

Enableをonにすると、有効化がはじまりました。

有効化が完了したので、[Open admin UI]を押下しました。

アプリの管理画面Admin UIにアクセスできました。
IAMユーザーとは別にAdmi UIのユーザーを招待して、アプリの管理をしてもらえます!

Hi!
You are invited to collaborate on the reactamplified (d3a3r31eanpk5t) project on AWS Amplify.
Your temporary credentials are:
Username:xxxxxx@gmail.com
Temporary Password: 4s9|ZGU8
Visit the Amplify admin UI to get started!

こんなメールが届いて、Admin UIへのログイン画面へアクセスできます。
一時パスワードでログインですね。

アプリで使っているDynamoDBテーブルのデータを管理したりできます。
マネジメントコンソールからDynamoDBテーブルをメンテナンスするのではなく、アプリの管理者としてデータメンテナンスができるのですね。
なるほど。
例えば商品マスタのメンテナンスとかですね。

Admin UIからアプリを作成するってこともできたりするそうです。

片付け

CloudFormationスタック削除とCloud9の環境削除です。

亀田さん、勉強会の開催ありがとうございました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

隣の芝生は青かった?!VoiceUI/UXデザイナーがスキル解剖して気づいたいくつかのこと(Alexa Day 2019でのブログ)

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

「JAWS DAYSに行きたくても行けなかった人に捧ぐ!AWSユーザーが教えてくれるAWSにまつわる最新事情」で運営と発表をしました

JAWS DAYS 2017のre:Capを大阪で開催しました。 JAWS DA …

ヤマムギ vol.10 (AWS)EC2モニタリングハンズオン 手順

このブログは2020/5/6に開催しました、「ヤマムギ vol.10 (AWS) …

VUIがもたらすUXの不可避な流れを感じた日

「INEVITABLE ja night インターネットの次にくるもの 第 4 …

Developers Summit 2018 「事例2本立て!Redmineユーザ達が語る現場定着化への取組みと導入アンチパターン」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/5

本日は例外。 いつものごとくマークダウンで記載したのでそのままJetpack M …

YouTubeチャンネル「ヤマムギ」をはじめました

YouTubeチャンネル「ヤマムギ」をはじめました。 2021年GWチャレンジと …

JBUG(Japan Backlog User Group) 記念すべき大阪開催の勉強会1回目に参加しました

JBUGが我らがマイタウン大阪で開催されるとのことで、お久しぶりのTAMさんにお …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

作る部分 Step Functionsでこれまで作ったLambdaの実行制御をし …

「AWS認定 デベロッパーアソシエイトの試験に出るかもなデモ見せあいっこ(ヤマムギvol.12)」を開催しました

デモ勉強会を開催しました! 2021/4/7にヤマムギ12回目の勉強会「AWS認 …