ヤマムギ

growing hard days.

*

Developers Summit 2018 「AWSのフルマネージドな環境でCI/CDをやってみよう!AWS Cloud9からAWS Fargateへの継続的デプロイをご紹介」を聞きました

      2018/02/17


※写真は展示のAmazon Echoです。

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容やご意見ではないことを、ご承知おきください。

スピーカーはAWSJ DevOps スペシャリスト ソリューション アーキテクトの福井さん。

AWS Cloud9

なんでCloud9を作ったのかという話から。

ソフトウェア開発には「実行」、「リリース」、「区政」の3つの柱がある。

今までは開発環境はローカルで構築/設定してはじめてコーディングをしていた。
多くのプロジェクトをやるのも大変だった。
チーム開発が多くなってきたのでコラボレーション(コードレビューなど)出来ることも重要になった。
従来のIDEがサーバーレスに追いついてない。
なので、ブラウザのみで開発できるCloud9が生まれた。

  • ブラウザのみで開発出来る
  • 環境を作らなくていい(AMIに必要なリソースがあらかじめ入っている)
  • すぐにコーディングを開始できる
  • リアルタイムに共同コーディング
  • サーバーレスアプリケーションの開発を容易に
  • AWSサービス(例えばEC2)に直接ターミナルアクセス
  • 2018年2月現在で5リージョンで使える(Cloud9は別リージョンでも東京リージョンのLambdaを使うことは可能)
  • 課金はEC2への課金でCloud9は無料

AWS Fargate

コンテナはアプリケーションをパッケージングして配布できる。
Immutable Infrastructure(一度サーバーを構築したらその後はサーバーのソフトウェアに変更を加えない、不変)。

「アプリケーション開発に集中したい」の声が多く、コンテナ管理、インスタンス管理を不要にしたい、との声からFargateが生まれた。
なのでECSのようにEC2を気にしなくて良くなった。
課金はメモリ/CPUに対しての秒単位課金。
SLAはECS同様に99.99%。

AWS Code5兄弟

CodePipelineでCodeCommit , CodeBuild , CodeDeployをつないで使える。

CodeCommit

リポジトリ無制限、5ユーザーまで無料。
最初は素のGitだったけど、プルリクとか差分表示とか色々出来るようになってますね。
なので、プライベートリポジトリはCodeCommitを使ってます。

CodeBuild

YAM(buildspece.yaml)Lを書くとコンテナを立ち上げてその手順でビルドしてくれる。
結果はCloudWatchに出力される。
課金は実行した分単位の課金。

CodeDeploy

AutoScallingと連携できるので常に新しいコードでEC2インスタンスを起動することが出来る。
EC2へのデプロイは無料。

CodePipeline

CodeCommit . CodeBuild , CodeDeployを実行している。

CodeStart

CodePipelineの構成とダッシュボードを提供してくれる。
ほぼ追加料金無料。

デモ

Cloud9からFargateまでのPHPアプリケーションデプロイ自動処理でした。

Cloud9からCodeCommitにコミットしてプッシュ。
CodePipelineがCodeCommitの変更を検知してCodeBuildを実行。
CodeBuildはビルドしてECRにプッシュしてデプロイフェイズに入る。
新しいコンテナが起動し終わると古いコンテナが消えるBlueGreenの動きをする。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS, event, study ,

ad

ad

  関連記事

kintone webhookからAWS API Gateway – Lambdaを実行しレコードの値を渡す

2017年2月のアップデートでkintoneにWebhook機能がリリースされま …

「SendGrid Night in Osaka #2」でLTさせていただきました

SendGrid Night in Osaka #2でLTをしてきました。 会場 …

AWS RDS でMySQLインスタンスを構築する

Amazon Web ServiceにはAmazon Relational Da …

AWS LambdaでChrome HeadlessドライバをAWS Lambda Layersから使う

この記事はSelenium/Appium Advent Calendar 201 …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …

Developers Summit 2018 「Building Real-time Application With AWS AppSync 〜GraphQLの始め方〜」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

Agile Japan 2015 大阪サテライト「アジャイル開発への架け橋」に行ってきました

Agile Japan 2015 大阪サテライトに行ってきました。 具体的な目的 …

「【第2回】データ分析勉強会(尼崎Pythonの会#1)」に行ってきました

「【第2回】データ分析勉強会(尼崎Pythonの会#1)」に行ってきました。 略 …

Amazon CloudSearchからAmazon Elasticsearch Serviceへ変えました

全文検索をする必要がありまして、本当はCloudSearchを使い続けたいのです …

RDSスナップショットをS3にエクスポートする新機能を試そうかと思った

やったこと RDSスナップショットをS3にエクスポートできる、という新機能が追加 …