ヤマムギ

growing hard days.

*

VirtualBoxでCentOS7+Oracle12c環境を構築するの2(Oracle12cインストール)

      2017/01/09


前編はこちら「VirtualBoxでCentOS7+Oracle12c環境を構築するの1(事前準備)」です

DMS(AWS Database Migration Service)を試すためにオンプレのデータベースとしてVirtualBoxにOracle環境を構築するメモの後編です。

Oracleインストール

GUIを使うのでVirtualBoxのコンソールでstartxを実行して、oracleユーザーでログインします。

インストールファイル展開用にtmpディレクトリを作成して.bash_profileでORACLE_BASE変数を定義します。

以下を追加

作成したtmpディレクトリにOracle公式サイトでダウンロードした下記ファイルを置きます。
(Cyberduckを使いしました)

解凍してインストーラーを実行します。

インストーラー起動!

はい。OUIが文字化けです。

面倒なのでOUIの表示を英語にして再実行します。

気を取り直してインストーラー起動!

メールアドレスを入れても入れなくてもいいです。

データベースは後で作成するので[Install Sowtware Only]を選択しました。

シングルインスタンスを選択しました。

言語は[Japanese]だけ追加しました。

Enterpriseしか選べなくなっているのでそのままです。

インストールディレクトリはデフォルトのままにしました。

インベントリディレクトリもデフォルトのままにしました。

各グループもデフォルトのままにしました。

前提チェックでSwap sizeの警告が出ましたが今回は無視して[Ignore All]にチェックして先に進めました。

[install]を実行です

インストール中です。

rootユーザで実行しないといけないconfiguration scriptです。

これはコマンドだけなのでrootユーザーでsshログインして実行しました。

終わったらさっきの画面の[ok]をクリックします。

インストール完了です!

インストレーションガイドのとおりに残りの環境変数を.bash_profileに追加します。

記憶が正しければ以前のバージョンよりだいぶ簡単になっている印象でした。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - Linux , ,

ad

ad

  関連記事

Tracの外観をプラグインで変更する-TracpathThemeプラグイン

プラグインをインストールするだけで外観を変更する こんな感じのUIで5色(Red …

Ubuntu dockerイメージをbuildするときにタイムゾーン選択で止まる

docker …

EC2 Ubuntu DesktopにRDP

Ubuntu Desktopが必要になりましたので、こちらのAWS EC2でデス …

EC2 VyOSで/etc/resolv.confを設定しました

EC2でVyOSを起動してSSHで接続して確認していたところ、どうもVyOSから …

RocketChatでReadOnly(読み取り専用)ユーザーにする

何かを伝えるためにチャットを使いたい。 オンラインでいろいろやっているとそんなシ …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

1年間の無料キャンペーン期間中に検証する とある勉強会でせっかくAWSのアカウン …

RocketChatで新規アカウント作成を無効にする

RocketChatで新規ユーザー作成を無効にして、予め作成しておいたユーザーを …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …

VirtualBoxでCentOS7+Oracle12c環境を構築するの3(データベース作成)

Oralceのインストールはこちら「VirtualBoxでCentOS7+Ora …

VyOSでssm-userからvyosユーザーに切り替える

EC2 VyOSで/etc/resolv.confを設定しました VyOSにSS …