ヤマムギ

growing hard days.

*

Alexaで作る受付システム(Alexa Day 2019でのブログ)

      2019/04/08


ランチタイムセッション3本目はウフルさん。


たくさんのLEDをコントロールされているらしい。

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。
登壇者、発表者、主催企業などの意図とは異なる可能性がありますことをご了承ください。

Alexaを使った受付システムを作られたとのこと。

お客さまが来たことを超音波センサーが検知して、「Alexa、お客さまが来られたよ」と発声によってAlexaを動かす。
Alexaがお客さまに声をかけて名前を聞く。
Googleカレンダーの予定を参照しにいき、担当者へ通知する。
入室記録もこのタイミングでされて、退出はチャットから。

Alexaをそのまま使うのではなくて見た目も100均デコレーションされている。

Alexaを呼び出すのがスマートじゃない、と仰ってましたが充分スマートです。
自分なら、「Alexa 〇〇に来たよ」と声をかけてください、と看板を出しかねない。。。。。。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - Alexa, event, study ,

ad

ad

  関連記事

「第3回【関西ITベンチャー】開発ツール チラ見せ♡ナイト@大阪」に行ってきました

「第3回【関西ITベンチャー】開発ツール チラ見せ♡ナイト@大阪」に行ってきまし …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (1)LambdaからSlackへ通知する1

作る部分 SlackのWebURLを確認する Slackでチームを作成してbot …

JP_Stripes Connect 2019で決済サービスの事例を聞いてきた

JP_Stripes Connect 2019が大阪で開催されるということで、行 …

「TwilioJP-UG大阪+AWScean合同勉強会」に行ってきました

ノンEC2のススメ アイレット河村さん EC2は柔軟すぎる PaaSの良いところ …

Lotusphere 2010に行ってきました

Lotus Technical Award 2009 for Best Arch …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (4)Step Functionsで複数のLambdaを実行制御する

作る部分 Step Functionsでこれまで作ったLambdaの実行制御をし …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン~ラッキーコンテンツ手順~

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオンで一 …

「JP_Stripes in Osaka Vol.2」でハンズオンをやりました

JP_Stripes大阪、早くも2回目の開催です。 自分が使ってみたいという目的 …

「Kubernetes(k8s)導入とその後」を聞きにCTO Meetupというイベントに来ました

CTOではないのですが、参加者要項に「Kubernetesを知りたいエンジニア」 …

VUIがもたらすUXの不可避な流れを感じた日

「INEVITABLE ja night インターネットの次にくるもの 第 4 …