ヤマムギ

growing hard days.

*

Developers Summit 2024 「アーキテクチャから学ぶKubernetesの全体像」を見ました

      2024/02/19

株式会社スリーシェイク bells17さん

Kubernetesの基盤となるControllerとは

  • cloud-controller-manager
    Kubernetesの実行基盤
  • kube-controller-manager
  • kube-scheduler
    配置などをコントロールする
  • kubelet
    Kubernetesの命令を受けて実行する
  • kube-proxy
    ロードバランシング、ルーティング

Kubernetes ControllerはKubernetesを管理するためのアプリケーション
あるべき状態を維持して冪等性を保ち、変更などのイベント検知からほかのイベントへ連携する。
ControllerをSDKを利用して自作してCustome Resourceとして使用もできる。

kube-controller-manager

30-40ぐらいのControllerを実行管理している。

Pod関連Controller

Deploymentリソースが作成されると、deploymento-controllerによってRepplica Setリソースが作成されて、replicaset-controllerによってPodが作成される。
deploymento-controllerによってDeploymentに含まれるほかの各リソースも作成されて、リソースの作成、変更を検知しているControllerが必要なリソースを作成している。

cloud-controller-manager

パブリッククラウドとは限らない実行基盤。

kube-proxy

主にiptablesを利用してネットワークの設定をしている。
ServiceリソースによってServiceのエンドポイントが作成される。
CNI(Container Network Interface)プラグインによってPodのIPアドレスが設定される。
ServiceとEndpointSliceリソースによっをもとにControllerによってiptablesが設定される。

kubelet

kubeletのメインループが、設定変更やあるべき状態から変わったものなどのイベントを受けてNode側で実行する。

CSI Driver

PVCリソースが作成されるとCSI Driverのサイドカーによってボリュームがアタッチされる。

感想

KubernetesはいわばControllerがすべてを支えていると言っても過言ではないと仰る意味が、私の理解力と知識でもわかったセッションでした。
それぞれのコンポーネントの面から詳細な解説を20分駆け抜けられました。
もっとたくさんの解説を聞きたくなるセッションでした。
bells17さんのSpeaker Deckはこちらです。
https://speakerdeck.com/bells17


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study

ad

ad

  関連記事

2018年もありがとうございました

今年も皆さまありがとうございました。 ということで、まだもうちょっといろいろやる …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/6

本日は例外の続き。 これで参考書の章立てはとりあえず終了!! 明日からは模試と練 …

Innovation EGG 第7回 『クラウドネィティブ化する世界』に行ってきました

Innovation EGG 第7回 『クラウドネィティブ化する世界』に行ってき …

「4年ぶりの大阪開催!! CMC_Meetup 大阪 Vol.4」に参加しました

4年ぶり開催のCMC_Meetup 大阪に参加しました。 コラボレーションスペー …

EC-CUBE3.0 コードリーディング勉強会第1回目に行ってきました

EC-CUBE3.0 コードリーディング勉強会第1回目に行ってきました。 ECサ …

JAWS DAYS 2022で大阪サテライトスタッフ、サポーターセッション登壇、懇親会LT登壇しました

2022/10/8(土) JAWS DAYS 2022で大阪サテライト会場のスタ …

ActRoomの仕様を書いてみた

これはLow-Code/No-Code Advent Calendar 2018 …

「JAWS-UG千葉支部オンライン#9 AWS re:Invent 2020 re:Cap&LT大会」に参加しました

今日は千葉支部におじゃましました。 re:Invent2020振り返り 〜はじめ …

「Talend ハンズオンセミナー」に行ってきました

Talendとは データの整備・統合 ビッグデータ対応 ストリーミングデータ ア …

No-Code JP 第0回で様々な熱い言葉を聞いて思ったこと

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …