ヤマムギ

growing hard days.

*

「JAWS-UG 名古屋 2022年 “re:Invent”の復習~忘年会~」に参加しました

   

re:Inventのおみやげも飲み物、ピザ、お寿司もたくさん。
コラボベースさんの素敵な会場をお借りしての開催でした。

忘年会しながらのLT大会でしたので、一言感想でご勘弁ください。
皆さんのLTはほんと内容が濃くて、新機能を実際に試した結果がたくさんアウトプットされてて、目の前で見ることですごく理解できたし、楽しかったです。
動画公開のない現地開催ならではの内容もたくさんありました。
これからオフライン開催がどんどん復活すると思いますので、またみなさんにお会いできる日が楽しみです。

篠田さんの挨拶からスタート!

Step Functions Distributed Map 使ってみた

コラボベース 福田さん

10,000の超並列処理が可能になったので試された!
並列処理はやっぱり早い!!
早いの大事!!!

Amazon Transcribe 3年前との比較

JAWS-UG名古屋 可知さん

3年前は日本語対応したばっかりでまだまだテストがうまくいかなかった。
動画ファイルだけでなく、2020.11に音声入力でも日本語対応。
2021.10にCLM(Custom Language Models)サポート。

「JAWS-UG名古屋」は3年前「上手友人名古屋」だったのが、「上手有志名古屋」になった!!

AWS Verified Access を使ってみた

JAWS-UG名古屋 Katzさん

たとえば社内ポータルサイトへの接続制約が厳しくて面倒な場合に活躍する。
チュートリアルどおりの接続はできたっぽいけど、ウェブサイト作ってなかった!残念!!

Quick Sightのアップデート

JAWS-UG名古屋 田中さん

Qが予測や「なぜ?」の問いかけにも対応した!!
CloudWatchメトリクスでSPICEの使用状況が確認できるようになった!!!
アラームもできるしありがたいですね。
レポートのサイズをA4などにあわせられるようになった!!

暗号化のアップデート ~このメッセージは◯秒後に自動的に消滅する~

JAWS-UG名古屋 篠田さん

KMSのXKSで35ms以下推奨の記載があったので、Network Managerで東京リージョンと他リージョンのレイテンシーを確認した!!!

Wickrを試してみた!!!
機密性の高いチャットツールらしい!

RDS/Auroraアップデート (2022年版)

hmatsu47(まつ)さん

年末恒例まつさんのRDS/Auroraアップデート!!!
すごい網羅してる!!

Cedarって何です?

田中隆博さん

Verified Permissionsはアプリケーションの外側でアクセス許可を設定できる!!
CedarはAWSが開発した新しいDSL!!!!
RBACとABACのルールを読みやすく設定できる!!!!

CodeCatalyst など開発目線のアップデート

トレノケート 高山さん

CodeCatalystはAWSアカウントなくても使える!!
Application ComposerはビジュアルからSAM作れる!!!

Amazon Inspector(AWS Lambda)

JAWS-UG 内木さん

NIKE好きの内木さん!!!
ChatGPTで生成したコードで試したら何も検出されなかった!!!

誰とも被らないLT&現地レポート

被らない宣言してたので、ほかの人が触れてないCloudWatch LogsのマスクとCloudWatch Internet Monitorを試した結果と、現地での出来事を報告しました。

最後は亀田さんからご挨拶。
はじめてお会いしたのは、2016年6月品川のAWS Summit1日目後の大人数宴会で1人で会計されてたときでした。
それから6年と少し。
AWSエバンジェリストとして日々のキャッチアップとアウトプット、これをものすごく早くかつ高い完成度でまわされているのを見てきて、ただただすごかったです。
そんな中でもユーザーグループやコミュニティメンバーや友人知人への気配りを、当然のことのようにされていて、同い年でここまで違うものかと尊敬してます。
今年のre:Inventでもおそらく一番忙しい日本人なのに、初日私がいるところにわざわざ声かけに来てくれたの、嬉しかったです。
こういうの、普段ご本人には言わないので、ここを読まないことを期待します。
遠くに行くとかはないそうですので、また落ち着いたらゆっくり話でもできればと思います。

翌朝、起きたら名古屋は雪でした。
ホワイトクリスマスです??
では、よいお年を!!!!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Storage Gateway File Gateway on EC2インスタンスにmacOSからNFS接続

S3バケットの作成 S3バケットはあらかじめ作成しておきました。 マネジメントコ …

Cloud9でCodeWhispererを使用する

アクセス権限 Cloud9のEC2に設定するIAMロールのIAMポリシーで co …

WordPressで画像アップロードができなくなった(AWS WAFでブロックしていた)

WordPressで画像がアップロードできなくなりました。 こんなメッセージです …

WordPressをAmazon CloudFrontで配信してついでにACM(AWS Certificate Manager)を使って常時SSL化する

当サイトの500と502の発生状況がドイヒーであるとの苦情をいただきまして、Am …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day2)

馬込は非常に良い天気です。 泊まっている部屋が2Fでしたので窓を明けると歩いてい …

EC2 Windows インスタンス PowerShellでメタデータを見る

Linuxインスタンスならcurlコマンドで確認すればいいのですが、Window …

AWS Systems Manager セッションマネージャを使用するために必要な設定

AWS Systems Manager セッションマネージャを使用するために必要 …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

Amazon Glacierでボールトロックポリシーの作成開始をしてみました

Glacierを単体で使用することもそうそうないので、確認しました。 まずボール …

AWS Organizationsで新規メンバー登録したアカウントを組織から離して解約

2021年現在ではこの方法しかないと認識していますので書き残します。 そのうち新 …