ヤマムギ

growing hard days.

*

「LINE Bot x AWS CDKハンズオン」に参加しました

   


CDK久しぶりに触る気がします。
今作ろうと思っている環境がCloudFormationだけでは厳しそうなので、CDKちょうどよかったです。

構成

環境はCloud9で使用する言語はTypeScript。
ちゃんと触ったことないのでよかったです。

最後にCDKが(というかCloudFormationが)パラメータストアからLINEのトークンとシークレットを取得してデプロイする構成になっています。

Lambdaはリリースされたばっかりのコンテナです。
CDKはこんなコードでした。
code: lambda.DockerImageCode.fromImageAsset(‘./lambda/bot’)

手順資料

connpassの資料セクションにありますのでそちらに残っていればご確認いただければ。
LINE Bot x AWS CDKハンズオン

ハンズオン

手順どおりに進めて cdk deploy!でデプロイ完了です〜

手順どおりに完了して意気揚々と「今年のアニメは?」と聞いたところ、

「メッセージありがとうございます!
申し訳ありませんが、このアカウントでは個別のお問い合わせを受け付けておりません。次の配信までお待ち下さい」

とだけ返ってきました。
ん?
と思って見てみたら、Webhookが有効になってなくて、自動応答が有効でした。
これを変えます。

Use webhookを有効にして、Auto-reply messagesのEditをクリックしました。

別タブで開いたこちらの画面で応答メッセージをオフにしました。

もう一回!

出来ました!!

Lambda コンテナ

LambdaコンソールにはECRのリンクがありました。

ECRにはコンテナイメージができてました。
図らずも初体験!
得した気分です。

終わったら、cdk destroyとパラメータストアとCloud9の削除できれいきれいですね。
ECRリポジトリも手動削除なので注意ですね。

楽しかったです。
運営の皆さまありがとうございました!

AWS CDKとLINE botでRTA

ようかんさん

高校生エンジニアのようかんさんからのLTがありました。

準備中に「管理できるボット数の最大値に達しました」になってしまったそうです。

これだけ作られてるそうです。
でもこれが正しいかどうかはわからないそです。

ライブデモでCDKでbotを作成されていました。
が、残念ながらデプロイ環境依存のエラーでした。
悔しいですね。

内容はこちらです。
AWS CDK “触ったことない” からLINEBotを作るまで(TypeScript)

ありがとうございました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

Developers Summit 2016 KANSAIに行ってきました

Developers Summit 2016 KANSAIに行ってきました。 熱 …

Developers Summit 2018 「「技術内閣制度」2年間やってきて得られた事とこれから ~開発チーム横断での技術課題解決、技術力強化、エンジニア文化醸成」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「JP_Stipes Osaka meetup vol.1」を運営させていただきました

Stripeのユーザーグループ、JP_Stripesの大阪ミートアップの運営をさ …

Alexa Day 2018で「Alexa Skill Contest」を聞きました

Alexa Day 2018のラストセッションは、「Alexa Skill Co …

「AWS認定 デベロッパーアソシエイトの試験に出るかもなデモ見せあいっこ(ヤマムギvol.12)」を開催しました

デモ勉強会を開催しました! 2021/4/7にヤマムギ12回目の勉強会「AWS認 …

Developers Summit 2018 「本番環境で使うContainer – Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon EKS」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echo とルンバです。 以下は、思ったことや気にな …

「今できないことだとしても、やるべきことをやっていく」『挑まなければ、得られない Nothing ventured, nothing gained.』読書感想

「挑まなければ、得られない Nothing ventured, nothing …

ヤマムギvol.14 AWSの基本(サービスとグローバルインフラストラクチャ)のデモをしました

ゴールデンウィーク10日連続朝30分のデモチャレンジ2日目です。 73名さんもの …

「Rによる機械学習」に参加しました

異業種データサイエンス研究会を主宰されている井伊さんが開催された「Rによる機械学 …

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」からの特急南風にて変わり続けなければならないなあと思った

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」というAWSのユーザーグループJAWS-U …