ヤマムギ

growing hard days.

*

「SORACOM UG Online Handson #1 ~スマホで顔認証編~」に参加しました

   


久しぶりのSORACOM UG勉強会に参加しました。

SORACOM Air メタデータサービス機能とは

ソラコム maxさん

メタデータサービスはシステム開発で役に立つサービス。
SORACOMでのメタデータは、SIMのメタ情報。
SIMそのものから見た時にいっこ外側の情報ということですね。

回線管理の自動化や設定情報の配布に使用できる。
タグとユーザーデータを取得できるうちのユーザーデータを使ってハンズオンをするそうです。
楽しみ♫

ハンズオン

手順はこちら、SORACOM回線を使ったスマートフォンとAWSサービスを用いた画像認識サービスを構築するです。

環境

私は、直接スマートフォンにSIMを差さずにSORACOM plan-DU SIMをSpeed Wi-Fi NEXT W05で使ってみるで設定したSpeed Wi-Fi NEXT W05ルーターをWiFiで使ってハンズオンしてみました。

ハンズオン本編

ソースコードはGithubIoTkyoto/soracom-ug-reko-handsonにあります。

Step1 Cloud9起動してCLI

東京リージョンで手順はt2.microでしたが、けちってt3.nanoのCloud9を起動しました。
CloudShellでもできるだろうという話でしたが、CloudShell向けの手順はまだ作ってないということでCloud9利用でした。

Githubからソースをcloneして、CLIのバージョン確認でStep1は完了です。
ちなみに本日時点でのCLIバージョンはaws-cli/1.18.223 Python/2.7.18 Linux/4.14.214-160.339.amzn2.x86_64 botocore/1.19.63でした。

Step2 S3バケットとRekognitionコレクションの作成

S3バケットをマネジメントコンソールで作成して、プロフィール写真を1枚アップロード。
そしてCLIからRekognitionのコレクションを作成しました。
そのコレクションにS3バケットにアップロードしたプロフィール写真をインデックスしました。

Rekognitionコレクションはじめて使いましたが、比較対象のマスタ画像として使うことができるのですね。
CompareFacesでは2つのオブジェクトを指定しますが、その方法よりもマスタ管理がすっきりできますし、何千枚も元となる画像に総当りしようとすると、ロジックがめちゃめちゃ大変になる

Step3 顔認証用のWeb API(Lambda+API Gateway)を作成

Lambdaが使用するIAMロールに次のようなインラインポリシーを追加するのですが、手順はアカウントがアスタリスクでした。
ですが、ここはRekognitionのコレクション指定なので、アカウントIDは指定しておいても大丈夫ですよね。
なので、指定しました。

API Gatewayは使用量プランを使いますので、APIキー必須にしています。

Step4 SORACOMメタデータサービスを設定する

メタデータサービスの有効化はSIMグループに対して設定するのですね。
JSON形式のユーザーデータを登録しました。

JavaScriptアプリケーションで、SORACOMのメタデータにアクセスして先程のユーザーデータを取得しているのですね。
なるほど。
ここで理解できました。
こうすることで、SIMグループに設定した独自の情報(ユーザーデータ)をクライアントアプリケーションに個別に渡せるのですね。

こんなユーザーデータを設定しました。

このユーザーデータをこちらのコード
soracom-ug-reko-handson/webapp/src/components/SearchFacesSoracom.vueの、getSoracomMetadataで取得しています。

Step5 動作確認

S3で運営によって用意していただいているハンズオン用デモアプリにスマートフォンからアクセスします。

まずは、SORACOMのSIMではない回線で。
SORACOMメタデータが取得できないエラーになりました。

WiFiをSORACOMメタデータを設定したSIMがささっているWi-Fi NEXT W05に変更して画面更新したところ、ユーザーデータに設定した、APIエンドポイントとAPIキーが取得できています。

今の顔写真をアップロードしました。
二日酔いでぼさぼさです。

Rekognitionのコレクションに設定したのはこちらの宣材写真です。

メガネもしてませんし、いやあさわやかですね。

99.45%で一致しました。
すごいですね〜

まとめ

最後は記念写真です!

勉強会ってやっぱりいいですね。
質問や意見交換もできるし。

本編とは関係ないですが、今回のフロントエンドで使われてたVue.jsの勉強を始めたいなあと思ってて、相談したらこちらの本をおすすめいただきました。
さっそく購入したので、勉強開始するっす。

SORACOM-UG運営の皆さま、ありがとうございました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

Alexa Skills Kit 最新アップデート(Alexa Day 2019 でのブログ)

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

JAWS PANKRATION 2021「AWS Control Towerを使用して企業コストのサンドボックスを作成と継続的アウトプットのメリット」発表しました

同時通訳配信 JAWS PANKRATION 2021 -Up till dow …

「RPA勉強&LT会!RPALT vol1@Innovation Space DEJIMA」でLTしました

「RPA勉強&LT会!RPALT vol1@Innovation Space D …

「 MonotaRO Tech Talk #1」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRO Tech Talk」に行ってきました。 ビー …

業を営む(To engage in business)

この記事は、クラウド営業 Advent Calendar 2018に参加した記事 …

Developers Summit 2018 「将棋プログラムPonanzaにおける強化学習、ディープラーニングとその先」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (5) LINEからの投稿へ返信と登録処理

作る部分 LINEからのメッセージを受けて各APIより返信し、StepFunct …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/2

本日はクラス定義とオブジェクト。 一気に範囲が広がった感。 いつものごとくマーク …

Windowsでの自動化について考える会に出席させていただいた

2015年2月21日 土曜日 詳細はSlideShareの資料を確認してもらえれ …

「DMM meetup #24 〜DMMのセキュリティ脅威への取り組み事例〜」に参加しました

内容が内容ですので、もちろん運営さんにブログを書いていいかの確認はしております。 …