ヤマムギ

growing hard days.

*

「AWSではじめるLinux入門ガイド 」を執筆しました

      2020/08/03


2020年4月30日に、「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を発行いただきました。

Amazonにも載せていいただいているのですが、概要、目次から、書くことになった経緯、何を思って書いたか、などなど綴りたいと思います。

概要

「本書はAWSクラウド上で、Linuxによるサーバー構築をゼロからはじめる書籍です。
ゼロ(やったことがないこと)をイチ(やったことがある)にすることを目的に、執筆しました。

これからクラウドやLinuxをはじめる、次の方々を対象としています。
・ITエンジニア職を目指す学生
・ITエンジニア職への転職を予定している社会人
・内製化にシフトしようとしている情報システム部門
・情報システム部に異動になった非IT部門

近年、システムを構築する手段としてクラウドは欠かせない技術となっております。
Linuxサーバーも例に漏れず、マイクロサービス、サーバーレスアーキテクチャといった、サーバーを開発者や運用者が管理しないクラウド最適化された構成が増えてきています。
しかし、これらはあくまでも最適な設計をするための一手段でしかありませんし、依然としてサーバーも有効な設計手段です。

また、クラウドへの移行時には、いきなりすべての設計や運用を最適化するケースよりも、まずはそのままの設計、運用で移行するケースも多くあります。

本書を通じて学ぶことで、そのような移行案件や新規案件、クラウド上でのサーバー運用、構築をこれから担当される方々に、実際に手を動かしながら、クラウド上でLinuxサーバーを構築することの、スピード、俊敏性、機動性に触れていただき、IT技術の素晴らしさを知っていただきたいです!」

と、ほぼほぼ言いたかったことがこの文章に含まれています。

目次

第1章 環境の概要
第2章 セキュアな環境を構築する
第3章 AWSでのLinuxサーバーを起動しよう
第4章 管理者を設定しよう
第5章 インストールを実行してみよう
第6章 ターミナルでコマンド操作してみよう
第7章 ファイルを操作してみよう
第8章 エディタを操作してみよう
第9章 パーミッションで権限を設定しよう
第10章 スクリプトを実行してみよう
第11章 Linuxサーバーをモニタリングしてみよう
第12章 Linuxのセキュリティを設定しよう
第13章 ネットワークについて学ぼう
第14章 バージョン管理もAWSで
第15章 コンテナ環境を作ってみよう
第16章 データーベースを操作してみよう
第17章 WordPressサーバーを構築してみよう
第18章 Redmineサーバーを構築してみよう
第19章 EC2インスタンス もっと知りたいこと
第20章 学習の終わりにAWSリソースを削除しよう

きっかけ

本書を書いたきっかけですが、知人から「AWSでLinuxを扱う入門書を執筆する人いません?」と聞かれたので、「はい!」と手を挙げました。
それ以上でも以下でもないです。
「書いてください」ではなく「書かせてください」です。

チャンスの神様には前髪しかないのですよね。
後ろ髪はないのですよね。
通り過ぎるの待ってからとか、
様子を見てからとか、
余裕ができてからとか、
誰か一緒に書いてくれる人が先に手を挙げてからとか、
そんなこと言ってる間にチャンスの神様は、髪の毛のない後頭部しか見えなくなっちゃうんですよね。

ありがたいことに今回で2冊目の執筆となりましたが、手を挙げてから出版までは最短で8ヶ月ぐらいでした。
8ヶ月先の状況とかわからないです。
なので、わからない状況を予想しながら調整なんかしても仕方ないと思っています。

これからも、チャンスがあれば掴みたいと思っていますので、アウトプットさせていただく機会があればやります。
お気軽にチャンスをください。

何を伝えたいのか

今はやりたいことがあれば、気持ち一つで簡単にはじめられます。
ゼロをイチにするのは気持ちだけです。
イチから先も気持ちだけなんですけどもw

まずはイチにしてから考えればいいと考えます。
ゼロのまま判断しようとしても難しいと思います。
想像でしかないなかでの判断は難しいです。
だからまずはイチにしていきたいです。
自分もそうです。
まだまだ何もかも足りないです。
日々日々体験経験を増やし続けるしかないと考えています。

クラウドは「やってみる」を現実にしてくれます。
「やってみる」の一歩に迷っている方がいらっしゃるなら、少しでも背中を押すことができる本になればいいなあと思います。

Twitterのアカウントは@yamamanxです。
どんなことでもいいので、お気軽にお声がけください。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS, Linux ,

ad

ad

  関連記事

AWS DataLake 構築ハンズオンに行ってきました

AWSJ大阪が増床されて2019年10月限定でAWS pop-up loftとい …

Rocket.ChatにAWS Lambda(Python)から投稿する

Rocket.ChatにAPIで投稿するテスト(Postman)をやってみて、使 …

API GatewayからLambdaを介さずにSNSトピックへ送信

やりたいこと APIリクエストをまずLambdaで受けて、SNSトピックへ送信す …

WordPress W3 Total Cache のDatabaseCacheをAmazon ElastiCacheのmemcachedに格納する

このブログのアーキテクチャは現在こちらです。 データベースは、Amazon Au …

AWS KMSのキーポリシーとアイデンティティベースポリシー

AWS KMSのCMKを作成する際に、管理者とキーユーザーを選択することで、以下 …

ヤマムギ vol.10 (AWS)EC2モニタリングハンズオン 手順

このブログは2020/5/6に開催しました、「ヤマムギ vol.10 (AWS) …

S3バケットのリクエスタ支払い

S3バケットのリクエスタ支払いを試しました。 バケットの設定 検証用のS3バケッ …

Systems Manager パブリックパラメータCLIでAWSのサービス数を出力してみました(2020/5/26)

先日のAWSのサービス数を数えてみました(2020/5/23)を見られて、お師匠 …

静的と動的って何ですか?と営業さんに聞かれたので端的に説明してみました

AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強をしている営業さんに、「S3で静的オブ …

macOSにAWS Schema Conversion Toolをインストール

環境 macOS BigSur バージョン11.5(20G71) MacBook …