ヤマムギ

growing hard days.

*

S3バケットのリクエスタ支払い

      2021/09/19


S3バケットのリクエスタ支払いを試しました。

バケットの設定

検証用のS3バケットを作ろうと、「requester-payment」ってバケット作ってみたら作れました。
世界中でこの名前のバケットを作っているのは自分だけということです。
乱数とか日付とかつけなくてもバケットを作れたときって嬉しいですよね。
テンションがあがってきました。

S3バケットのプロパティでリクエスタ支払いを有効にしました。

Payerの設定をオーナーアカウントで確認しました。

支払い者がRequesterになっているということですね。
これでリクエスタ支払いになっていることがCLIからも確認できました。

パブリックアクセスを試してみる

リクエスタ支払いを有効にしたバケットでは匿名アクセスはできなくなります。
それはそうですね。
一応試してみます。

パブリックアクセスブロックを4つとも解除して、
画像をアップロードしてACLでパブリック読み取りを許可、
バケットポリシーでパブリックにしても、
AccessDeniedになりました。

それはそうですね。

他のアカウントからリクエスト

最小権限の原則を実装しましょう。

バケットポリシーです。

別アカウントのIAMユーザー側の該当アクション向けのポリシーです。

アップロードしておいたオブジェクトをダウンロードしました。

ダウンロードできました。
–request-payer requesterを付与することで、リクエスタ支払は承認しているんですよってことを示してます。

–request-payer requesterなしで実行するとAn error occurred (AccessDenied) when calling the GetObject operation: Access Deniedエラーになります。
x-amz-request-payer : requesterがヘッダーにない状態なのでリクエスト自体が許可されません。

後日の請求書確認

リクエストした側でList1回、Get4回請求対象になっていることが確認できました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Transit GatewayのVPN接続

上記のような構成で、オンプレミス側は東京リージョンのVPCでVyOSを起動して接 …

別アカウントのVPCからAWS PrivateLinkを使う

やったことないのでやってみるシリーズです。 VPC エンドポイントサービス (A …

CloudWatch LogsメトリクスフィルタでNginxのaccess_logから転送バイト数をモニタリングする

ユーザーガイドのApache ログからのフィールドの抽出を見てて、これ、Ngin …

EC2インスタンスの起動で、–cli-input-jsonと–cli-input-yamlを使いました

AWS CloudShellから実行しました。 JSON実行 [crayon-6 …

AWS CodeCommitのリポジトリをiPhoneのWorkingCopyアプリから使う

iPhoneからも執筆できるようにしておこうと思いまして、iOSアプリのGitク …

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …

リザーブドインスタンスはじめました

このブログも2014年9月にはじめたので、もうすぐ3年。 1件~17件とばらつき …

オンプレミスに見立てたオハイオリージョンにVyOSインスタンスを起動して東京リージョンからVPN接続

AWSクイックスタートのActive Directory Domain Serv …

AWS Storage Gatewayボリュームゲートウェイを作成してWindowsから使用

ボリュームゲートウェイの作成 Storage Gateway作成メニューからボリ …

IAMセッションポリシーの利用(GetFederationToken)

GetFederationTokenでのセッションポリシーは、呼び出し元のIAM …